きゅうりの下ごしらえの方法とは

きゅうりの下ごしらえの方法とは

きゅうりの下ごしらえ・洗い方

下ごしらえ
まな板の上に乗せて転がします
そのままでも食べられますが、緑色の固い皮の処理をしておくと、味が一層よくなります。

板ずり
きゅうり1本に対し、小さじ1の塩をまぶし、まな板の上で転がします。イボが取れ、味がなじみやすくなります。さらに、水で塩を洗い流し、サッと熱湯にくぐらすと、緑がパッと鮮やかになります。料理をきれいに仕上げたいときに、やってみたください。

塩もみ
切ったきゅうりをボウルに入れ、塩を軽くふりまぶし、なじませ、10分ほどでしんなりさせると青臭さがなくなり、歯ごたえがよくなります。軽く絞ったら、そのまま食べたり、酢の物や和え物にしたりしてみてください。
 

きゅうりの切り方

薄切り
薄切り1
1: きゅうりを寝かせ、端からリズミカルに薄く切り進めていきます。

サラダ、酢の物など、生の食感を楽しむ料理に向いた切り方です。太めに切れば「小口切り」になります。


千切り
千切り1
1: きゅうりを縦に置き、切り口が斜めになるようにして、端から好みの幅に切っていきます。
 
千切り2
2: 1を少しずつずらして重ねます。
 
千切り3
3: 端から千切りにしていきます。
 
千切り4
4: 縦の千切りの場合は、きゅうりを4cmほどに切り、縦の薄切りにします。
 
千切り5
5: 3と同様に、4を少しずつずらして重ねたきゅうりを、端から千切りしていきます。

冷たい前菜や麺の具材、サラダなど、シャキッとした歯ごたえを楽しむ料理に向いた切り方です。


スティック
スティック1
1: きゅうりの両端を切り落とし、好みの長さに切り分けます。
 
スティック2
2: 1を縦半分に切ります。この状態でも太い場合は、さらに縦半分に切れば、できあがりです。

スティックに切ったきゅうりは、お菓子を食べる感覚でポリポリといただけます。おつまみやピクルスにぴったりですよ。


乱切り
乱切り1
1: 両端を切り落とし、横に置いたきゅうりに斜めに刃を入れます。
 
乱切り2
2: 1で入れた刃の角度を維持し、きゅうりを少し回転させては切り、回転させては切っていきます。

切り口が様々だと、味がしみやすいので、和え物や炒め物に向いています。
 

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。