バスケットに花苗を植え込もう

鉢底石と培養土を敷く 苗の肩の土を落とす
1.バスケットに鉢底石を敷き、その上に培養土を敷きます。(厚く入れすぎると、苗が全部入らなくなります) 2.花苗をポットから抜き、活着を良くするために苗の肩の土を落とし、少しだけ根をほぐします。(開花中のものは、あまり根をいじらない方がベター)
隙間に培養土を
苗の向きに注意
3.スリット部分に花苗を差し込みます。苗を差し込んだら、ペットボトルと苗の間に隙間ができないように、培養土を入れておきます。 4.続けて順に苗を植え込みますが、このとき一番下の苗はやや下向きに、中央は正面を、一番上はやや上向きに植えると、こんもりと丸く仕上がります。

完成
ペットボトルハンギングの完成
5.苗を植え込み終わったら、天部に水苔を敷きつめます。この水苔は乾燥防止と、水やりの際に土が流出したり植物に跳ね上がったりするのを防ぐためのものです。
6.細口の水差しで、ゆっくりじっくりと水をあげて完成です。
できあがったばかりの時は下を向いている植物も、日が経つにつれて立ち上がってきます。

今回のペットボトルハンギングの場合は、3個くらいのポット苗が入ります。下に垂れるアイビーやグレコマなど、あまり根の張っていない植物を使う場合は4個くらい入れることができます。
ペットボトルハンギング
二三個並べると、意外と豪華
クリックで拡大ページへ

できあがったバスケットは、根が落ち着くまで2~3日は風や雨のあたらない場所で管理しましょう。はじめはバスケット部分が見えてしまいますが、やがて植物が立ち上がってきて、バスケットを隠してくれます。

同じ植物で配置を換えて作ったバスケットを二つ三つ並べると、意外と立派な作品になりますよ。
この夏休み、お子さんと一緒に作ってみてはいかがですか?