ペットボトルで貯金箱を工作!子ブタのラッキー貯金箱の作り方

ペットボトルで貯金箱を工作!子ブタのラッキー貯金箱の作り方

親子でペットボトルで作る小ブタのラッキー貯金箱を工作してみよう!

手作り貯金箱は、自由研究工作などの定番のテーマです。紙粘土や牛乳パックなどでも作れますが、今回はペットボトルを使った貯金箱の作り方を紹介します。
   

ペットボトル貯金箱で必要な材料と道具

alt

デコレーションはおもちゃのお金以外にも好きなものでOK

ペットボトル、ひも
ラッカースプレー(ゴールド)
テープ(ゴールド)
アクリル絵の具(白、黒)
おもちゃのお金、リボン
段ボール箱(ラッカースプレーする時に使う)
カッター、工作用ハサミ、筆、ボンド
 

ペットボトル貯金箱の作り方1:お金の入れ口をあけて半分に切る

ペットボトルにお金を入れるところの穴をカッターで切ります。

また、本体の半分あたりにカッターで切れ目を入れてから、工作用のハサミを差し込んで、最初は粗くで良いので、くるりと一周切り抜きます。
一度ではキレイに切れないので、次に切り口を整えながら3センチくらい切り取ります(カッターを使うところは大人の人にやってあげましょう)。
 

ペットボトル貯金箱の作り方2:切ったペットボトルをテープで貼る

ペットボトル貯金箱のお金を入れる穴は、500円玉が入る大きさにね!

ペットボトル貯金箱のお金を入れる穴は、500円玉が入る大きさにね!

半分に切ったペットボトルの切り口を合わせて、テープで一周貼り付けます。お金を取り出す時は、このテープをはずします。

ペットボトル貯金箱のブタの耳は、テープを折り、下側だげ広げておいて本体に貼付け、三角にハサミでカットします。
 

ペットボトル貯金箱の作り方3:ブタの足としっぽをつける

ペットボトル貯金箱のブタの足はテープだと弱いので立ちませんが転がり防止に

ペットボトル貯金箱のブタの足はテープだと弱いので立ちませんが転がり防止に

ペットボトル貯金箱のブタの足は、耳と同じようにしてテープを貼り、ヒヅメを三角に切り取ります。ブタのしっぽは、ひもをひとつ結び目をつけて切って、テープで貼ります。
 

ペットボトル貯金箱の作り方4:ラッカースプレーで全体に色を塗る

ペットボトル貯金箱本体にラッカースプレーで色を塗った後、臭いがきついので、乾くまで外に置こう

ペットボトル貯金箱本体にラッカースプレーで色を塗った後、臭いがきついので、乾くまで外に置こう

ペットボトル貯金箱の本体全体に色を付ける際に使うラッカースプレーは、臭いがきついのと、色が飛び散るので、外に出て、段ボール箱などに本体を入れて吹きかけるようにしましょう。

また小さい子供と一緒に作る場合は、大人の人が代わりにやってあげて下さい。乾いたらペットボトルを回転させて、さらに全体に吹きかけます。
 

ペットボトル貯金箱の作り方5:おもちゃのお金もスプレーで色を

ペットボトル貯金箱だけでなく、おもちゃのお金にもスプレーを。片面は見えないので、スプレーは片面だけでOK

ペットボトル貯金箱だけでなく、おもちゃのお金にもスプレーを。片面は見えないので、スプレーは片面だけでOK

ペットボトル貯金箱の本体にスプレーがかけ終わったら、おもちゃのお金も色付けしましょう。軽いので、スプレーすると飛んで行ってしまうため、やはり段ボール箱などに入れた状態でスプレーしましょう。
 

ペットボトル貯金箱の作り方6:アクリル絵の具で顔を描く

ペットボトル貯金箱のブタの顔パーツだけでなく、お金の入れ口には”入れてね”って↓も書いたよ(見えないけど)

ペットボトル貯金箱のブタの顔パーツだけでなく、お金の入れ口には”入れてね”って↓も書いたよ(見えないけど)

ブタのペットボトル貯金箱に白目と黒目や、模様などをアクリル絵の具で好きに描きます。お金がたまりますように!などの言葉を書いても面白いですよ。
 

ペットボトル貯金箱の作り方7:おもちゃのお札とお金で飾る

ペットボトル工作で小ブタのラッキー貯金箱がこれでできあがりです!

ペットボトル工作で小ブタのラッキー貯金箱がこれでできあがりです!

小ブタのペットボトル貯金箱が完成です!100円ショップにもある、おもちゃのお札をボンドで貼って、お金はリボンを通して上で結んで飾りました(お札はゲームのものや、縮小してカラーコピーをとっても良いかも)。

デコシールでキラキラに飾ってもかわいいですよ!
好きな色やデコレーションでチャレンジしてみてね!


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。