新聞紙をまるめてギュッ!だるまを作ろう

ドドーン!だるまさん勢ぞろい!!

ドドーン!だるまさん勢ぞろい!!

縁起物として広く親しまれている、だるま。だるまは生産される地域によって形や色が異なりますが、多くは張子で製作されています。今回はこの張子ではなく、新聞紙を土台にして作る、子供でも簡単にできる工作の紹介です。
 

新聞紙でつくるだるまの作り方

材料の画。お花紙、色紙は好きな色を使いましょう

お花紙、色紙は好きな色を使いましょう

【材料・用意するもの】
新聞紙、お花紙、マスキングテープ、色紙、ハサミ、容器、ハケ、澱粉のり、水







新聞紙をぐしゃぐしゃに丸めます

新聞紙ボールから開始だよ

1.新聞紙1枚をまるめます。








新聞紙をさらに包もう

新聞紙をさらに包もう

2.まるめたものをさらに新聞紙で包んでいきます。新聞紙3枚を、繰り返し包んでいきましょう。







マスキングテープでしっかりとめましょう

マスキングテープでしっかりとめよう!

3.新聞紙の形を整え、マスキングテープで固定します。








好きな大きさにしましょう。左から20枚10枚3枚の大きさ。

好きな大きさにしよう

大きさは、新聞紙の枚数で変わります。右から順に新聞紙3枚使用のもの、10枚使用のもの、20枚使用のものです。好きな大きさに作ってくださいね。





澱粉のりと水はよく混ぜ合わせましょう

よく混ぜ合わせてね

4.のりは澱粉のりを水で溶いたものを使います。分量はのり:水、約1:2の割合です。







新聞紙にお花紙を上から貼ります

ペタペタ ぬりぬり

5.まるめた新聞紙に、お花紙を貼りつけていきます。お花紙を新聞紙の上にのせ、その上からハケで溶いたのりをつけていきます。お花紙はとても薄いので、のりが浸透してきれいに貼りつけられます。




きれいに貼れました

きれいに貼れました!

6.だるまの体ができました。








色紙で好きな顔を作りましょう

どんな顔にしようかな

7.顔を色紙でつくりましょう。好きな顔を作ってください。







だるまさんの顔ができました

にこっ。笑っている顔もいいね。

8.だるまの顔ができました。








顔はしっかりと体に貼りつけましょう

顔はしっかり貼りつけましょう

9.体に顔を貼ります。のりは、しっかりつけて貼ってくださいね。このときのりはそのまま使い、水で溶く必要がありません。






色紙で好きな飾りを作りましょう

どんな飾りをつける?

10.体に模様をつけます。体部分ののりが完全に乾くまで、1日以上置きましょう。新聞紙の上に置いて乾燥させると水分を吸収して乾きが早いですよ。





だるまが完成しました

やったー!完成!!

11.完全に乾いたら完成です。また、筆ペンで〈福〉の字を書いて貼ってもいいですね。







オリジナルだるまにも挑戦

だるまはだるまでも、こんなユニークなものはいかがでしょうか。
右パパだるま、左ママだるま

パパだるまとママだるま

『パパだるま』や『ママだるま』など、オリジナルのだるまも楽しいですね。色紙で色々な顔を作り、家族やペットをモデルにしただるまにも挑戦してみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。