-- サ --

さ~さそ  さた~さん
※記号凡例: =(同義語)  ⇔(反意語)  ⇒(参照&関連ガイド記事)

サービスヤード
勝手口近くの庭部分のこと。
主に、ゴミ置き場・洗濯干し場・物置など実用的に使われている場所をさす。ガーデニングでは、育苗する場所をさすこともある。

咲き分け(さきわけ)
一つの株に、二つ以上の異なる色の花が咲くこと。
サツキなどによくみられる。

挿し木(さしき)
植物の繁殖方法のひとつで、枝や茎・葉の一部を切り取って発根させて増やすこと。
木の枝を挿すのを「挿し木」、草の茎を挿すのを「挿し芽」と呼び、区別することも多い。
【挿し木に挑戦してみよう!】

挿し穂(さしほ)
挿し木・挿し芽に使う、枝や茎のこと。
植物により使う部分は異なるが、葉の色ツヤがよく、充実した若い部分を使うとつきやすい。

挿し芽(さしめ)
⇒挿し木


サッカー
根が横に張って、親株から少し離れた場所に生えてくる新芽や若枝のこと。
吸枝とも。sucker

散水栓(さんすいせん)
水撒きや洗車に使うため、屋外に設けられた水栓のこと。

三大要素(さんだいようそ)
肥料成分のうち、とくに植物に必要とされるチッ素リン酸カリをいう。
【N-P-Kって、なぁに?】

サンルーム
日光浴を目的に作られた、ガラス張りの部屋のこと。
イギリスには同様のコンサバトリーというものがあるが、温室目的で作られることが多く、区別されている。


ガーデング用語辞典INDEXへ戻る

<<前のページへ
次のページへ>>