全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!!

前回に引き続き、イグアナ飼育の後編です。
後編は「イグアナの魅力と飼い方」です!

前編「イグアナを飼育する覚悟」

イグアナ飼育の魅力

さて、それでは多少の覚悟をすることで、イグアナを飼育することにはどんな楽しみがあるのでしょうか?

ここからは、私自身がイグアナの飼育をしたことがないので、あくまでも飼育されている方の主観に基づくものではありますが、そもそも楽しみなんて「主観」なんですから、いいでしょう。

キレイ

なんと言ってもグリーンイグアナというくらいですから、鮮やかな緑色の体色は魅力です。
CMに登場していた個体も、非常にキレイなグリーンでしたし、もしもあれが褐色だったりしていたら「飼いたい!」って思う方は少ないんだと思います。
また、最近では色彩変異として赤色(アネリスティック)とかのグリーンイグアナなどもいますし、海外では非常に高価ではありますが黄色から白っぽいアルビノもいます。

温和

一般の方のイメージでは、恐竜のイメージがあるのでしょうか、こういう生き物は凶暴、みたいに捉えられがちなんですが、グリーンイグアナは穏和な性格をしている生き物です。少なくとも、積極的に攻撃してきたりする生き物ではありません。

実は、積極的に活動するには体温を上げないといけないため、おとなしくしているときは、体温が低く体が動かないだけという場合が多いのですが、それを差し引いても人間に危害を与えるような暴れ方をする生き物ではないようです。

ただし、発情したときのオスだけは話は別です。

オスの発情期

本当は、前述の「大変さ」で説明する内容なのですが、イグアナ飼育でぶち当たってしまう壁がコレです。

生後1年半ほどすると、オスは性成熟に至り発情するのですが、このときのオスは性格も荒くなり、非常に攻撃的になることが多いようです。
原因としては、
・どんな動物でも、さかっているオスはメス以外には排他的になる
・交尾できないストレスがたまる
などが考えられますが、その結果として
・飼育者にも飛びかかってくる
・交尾のための噛みつき行動を行う

などの行動が多くなり、ケガをするなどのトラブルが起こりやすくなります。

通常は、2-3年ほどでこの発情も過ぎる、あるいは年間の決まった季節に発情して季節が変わると落ち着く、ということのようですので、この期間だけは注意が必要です。

頭が良い

イグアナ飼育者が、口を揃えて言うのは「イグアナは頭が良い」ということです。
例としては
・飼育者を見分ける
・名前を覚えて、呼ばれると近づいてくる
・飼育者の感情を理解する
・トイレを覚える
・ドアを開けられる
・色や模様の好き嫌いがある

というのがあります。
これらは、ほとんどネコあるいはイヌと同じような感覚ですから、飼育者とコミュニケーションができる楽しみがあり、十分なコンパニオンアニマルと見なすことができます。

植物食性

植物食性であるということは、それだけで飼育の魅力といえます。
爬虫類って、なんでこんなにうまそうに野菜とか果物を食うんだろう...
グリーンイグアナは野菜や果実を食う
画像提供:IGGY KIDs

たとえば、どんなにかわいらしくて美しいコーンスネークやヒョウモントカゲモドキに心惹かれても

「エサは冷凍マウスを解凍する」とか「生きたコオロギをストックしておかなくてはいけない」ということで飼育を断念する方も多いわけです。つまり「生き餌」が苦手だから両爬の飼育はできない、と。

そんな方々から見れば「野菜や果物を食べるトカゲ」というのはそれだけで十分な魅力であると認めざるを得ません。

カッコイイ

これは、一般の方々というか、私たち両爬ファンの中で再認識できることですが、グリーンイグアナは単純に「カッコよくて、迫力があるトカゲ」です。
背中線の発達したクレスト、大きな咽頭垂、ガッシリした四肢と尾、頭が良さそうな目と顔つき。まさに恐竜です。トカゲに期待する魅力をすべて詰め込んだ生き物といっても過言ではないでしょう。
こんな迫力あるトカゲを、非常に安価に入手して、ハンドリングが可能な飼育を楽しめるんですから、魅力がないわけがありません。