TOPトカゲオオトカゲの仲間>アフリカンロックモニター

アフリカンロックモニターの基本情報

学名Varanus albigularis 別名:イワオオトカゲ 英名:African Rock Monitor 分布:アフリカ大陸南東部 全長:100-150cm前後
 
アフリカンロックモニター

アフリカンロックモニター


アフリカ大陸の東部から南部にかけて広く分布するオオトカゲです。

本種は分布も広いため、地域変異等が多く亜種分けが混沌としていますが、一応以下の3亜種に分けるのが一般的であるようです。

  • ノドジロイワオオトカゲVaranus albigularis albigularis ・・・基亜種。分布域の南部
  • ノドグロイワオオトカゲV. a. microstictus ・・・分布域の北部
  • アンゴライワオオトカゲV. a. angolensis ・・・分布域の西部
上の写真の個体は、まだ幼い個体で、さらに喉元が写っていなくてわかりにくいのですが、喉が黒いのでノドグロイワオオトカゲであると思われます。

灰褐色地に暗色で縁取られた明色のスポットが背面に並んでいて、一般に持たれているイメージよりもかなり美しいモニターです。亜種や地域個体群による体色や斑紋のパターンに変異が多いようですが、一般には目の後ろに暗色のラインが走り、目と鼻孔の間が黄色くなっている個体が多いようです。また目から鼻にかけて盛り上がっているため、顔が細長くなく他のモニターとは異なった印象を受けます。

やや乾燥した草原や岩場に生息していて、他のモニターの仲間と同様に岩の割れ目や倒木の下などで生活していますが、移動力が大きく一日に何キロも歩き回って、さまざまな動物性の餌を食います。

ただし、冬の期間や乾期の間は休眠状態になるようです。

一年間で2回に分けて計65個程度の卵を産むことが知られています。卵は27-30℃で115-180日を経て孵化します。孵化した幼体は全長が20cm程度です。

幼体時はサバンナモニターに似ていて、以前はサバンナモニターの亜種と考えられていたこともあったようです。ただし、サバンナモニターよりもかなり大型になるモニターでもあり、飼育にはそれなりの覚悟が必要です。

亜種としてはノドグロイワオオトカゲの幼体が、数は少ないのですが比較的コンスタントに流通していますので、入手に困ることはなく、またそれほど高価な種類でもなく飼育もしやすいので、なかなかオススメのモニターではあるのですが、いかんせん大型になるというのがネックでしょうか。

CITES(ワシントン条約)の付属書II類掲載種

 

赤っ恥をかかない程度の知識

  • アフリカの南部を中心に分布
  • 3亜種に分かれている
  • サバンナモニターに似ているが、より大きくなる
  • 丈夫で飼育自体は容易
  • 比較的安価
 

アフリカンロックモニターの飼育方法

飼育の基本情報

≪飼育容器≫    
底面積150cm×80cmクラス以上の飼育施設が必要。立体活動も行うので高さも十分に。さらに通気性も重要。

≪温度≫    
基本は23℃程度。ホットスポット下は50℃前後で設置。容器下にフィルムヒーターを敷く。ケージ内に温度勾配を作ること。

≪照明≫    
爬虫類用の紫外線灯やバスキングランプが必須。できれば直射日光で日光浴をさせる。

≪床材≫    
ベラボン、人工芝、新聞紙など。めくり上がりなどに注意する。

≪容器内レイアウト≫    
シェルターと全身が入ることを浸ることができる水入れ。ホットスポット下に平たい石など。

≪餌≫    
コオロギを中心にウズラ、マウスなどを少量。栄養添加剤は必須。

≪基本的な世話≫   
 乾燥系オオトカゲの飼育に準ずる

※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド オオトカゲ&ドクトカゲ(誠文堂新光社)」「大蜥蜴世界(マリン企画)」「ビバリウムガイド No33(マリン企画)」および海外サイトを参考にしました。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。