全国の身近な両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

久しぶりに「身近な両爬の飼い方」シリーズです。
最近は、両爬オンライン図鑑のせいで「国産阿呆の星野もすっかり外国かぶれになりやがって...」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?
ご安心下さい。確かにオーストラリアに行っても、イベントに出ても、外国産の種類を飼育しても、やっぱり私は「日本一の国産種オタク」を目標にし続けています!
そんな私が、書いていてとっても楽しいのが、このシリーズ「身近な両爬の飼い方」なんです!

今回は、身近なカエルの代表であり、日本が誇る小型美麗ツリーフロッグ・ニホンアマガエルの飼い方です!!

でも私が苦手とするカエルの仲間の飼育ですから、もちろん今回も私の飼育の友人であり、師匠でもあるアマガエルを飼って殖やしている某スーパー飼育者から直伝ですので、安心して実践して下さい!

アマガエルってどんなカエル?

嫌われ者が多い両爬の中でも、比較的許容されやすいのがカエルたち。そのカエルたちの中でも、小さくて、綺麗で、ということで昔からあまりこれのことを気持ち悪いと言われることが少ないのがニホンアマガエルです。この前も某TV局のアニメ「ケ○ロ軍曹」の予告編でも「キュートなアマガエル」なんて言っていましたから。
いつものように、飼育を考える前に彼らが野生でどんな生活をしているのかを見てみましょう。必ず飼育の役に立ちますから。
ニホンアマガエル

ニホンアマガエルHyla japonicaは本土に生息する唯一のアマガエル科のカエルです。アマガエル科のカエルは、実は世界中に700種もいて、ペットとして欧米では昔から人気のあるグループです。日本では同じアマガエル科のカエルとしては、南西諸島のハロウェルアマガエルがいますが、こちらはなかなか見ることができないカエルです。
日本の固有種であるとも考えられますが、朝鮮半島や済州島、中国北部のアマガエルも本種と同一種であると考えられています。
形態の特徴は、ご存じの通りですが、体色は鮮やかなというよりも何だかホッとするような緑色で、ときどき黄色色素が抜けた空色の個体なども見つかり話題になります(アザンティックAxanthic)。緑色のカエルというのはアオガエルの仲間がいて、よく間違われるのですが、アマガエルは目の前の鼻腔付近から鼓膜付近まで走る明瞭な褐色縦条があることで区別されます。
四肢の指には吸盤が発達していますが、指の動きなども発達しており、木の枝などをつかむことができます。
また周囲の環境によって緑色から茶褐色まで体色を変えることができます。

オスは喉に大きな鳴嚢を持っており、大きくふくらませて鳴くことにより体の大きさから考えられるよりも大きな声で鳴くことができます。特に雨が降る前に「クワッ、クワッ、クワッ、クワッ、・・・」と盛んに鳴きます。

生活はほぼ樹上性ですが、水田の周囲に生えている背のそれ程高くない草の葉の上などでも見かけることができます。
夏を中心に比較的、長い期間が繁殖期であり水田などの浅い水場の水面に少量ずつ産卵します。
成体の餌は小さな昆虫やクモなどで、手で口に押し込むような仕草で食べることが多いです。

アマガエルをつかむと、驚いて尿を放出します。子どもの頃は、その尿に触れるとかぶれるとか脅かされたものですが、基本的には無害です。ただし、体表から比較的強い毒を分泌していますので、触った後は必ず手を洗うようにしなくてはいけません。目などにはいるとかなり痛いらしいですし、放っておくと失明になるおそれもあるそうです。十分注意しましょう。