全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

またエライ久しぶりのシリーズ記事「新・両爬飼育入門コトハジメ」の登場です!

今回は、構想5年!結構、はじめの頃から書こう書こうと思っていた「駆虫」に関して迫ってみました!

ただし、先にお断りしておきますが、「駆虫」は両爬に対する医療と言える行為です。
ですからきちんとした知識や技術なしで行うものではないと考えています。ですから、今回はあくまでも「駆虫って何?」という解説であって、飼育者のみなさんに飼育している両爬に「自分で駆虫をする」ことを勧めるものではありません。
できる限り動物病院で獣医師の先生に相談をして、その指導のもと行って下さい。

駆虫の意味

駆虫は、飼育している両爬の体内に寄生している「寄生虫」を駆除することです。

野生で採集された両爬の体内には寄生虫が寄生していることは当然と考えた方が良いでしょう。また飼育下で繁殖したCB個体でも、よほど完全な管理下に置かれていない限り、外部からさまざまな要因で寄生虫を体内に持っている可能性というのは否定できません。

基本的に、野生動物が生きている限り、多かれ少なかれ寄生虫を体内に持っているのが普通で、野生ではその寄生虫によって宿主である動物が死んでしまったりすることはないはずです。
寄生虫から見れば、宿主に生きていてもらわなければ自分が死んでしまうわけですから。

宿主である野生動物は、これら寄生虫に対し免疫によってその増殖や活動を抑制してバランスを保っていると考えられます。

ところが、飼育下では自然環境の完璧な再現はできませんので「ストレス」、「栄養の偏り」、「不適切な飼育環境」あるいは「寄生虫の自己感染」などにより、寄生虫の活動と宿主の健康状態のバランスが崩れて病気に至ったり、最悪の場合は死なせてしまったりすることも考えられるわけです。

それを防ぐために、特に野生から採集されてきたWC個体に対し駆虫薬を使って寄生虫を体内からとりあえず駆除する行為が駆虫です。

寄生虫

寄生虫にはダニのように表皮などに寄生する「外部寄生虫」と回虫などのように体内に寄生する「内部寄生虫」があります。
外部寄生虫の代表であるダニに関してはこちらの記事を読んでいただくとして、ここでは「内部寄生虫」に関して焦点を絞っていきます。

一言で寄生虫と言っても、その種類は多岐にわたりますが、一般的に両爬では「線虫類」と「条虫・吸虫類」および単細胞生物のため「寄生虫」とは呼ばれず「原虫類」とよばれるグループの3つ程度にわけて考えればいいでしょう。