全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!!
久しぶりに「餌動物飼育繁殖図鑑」であります。
今回は「飼育繁殖」というよりも、この動物が、どのように利用されるべきか、を考えてみた記事という感じで作ってみました。では、その動物とは...「鶉」

そう、マウスの代替食とも言える「ウズラ」であります。
今回は、餌としての「ウズラ」を考えてみましょう。
ウズラ(ヒナ) 写真:豊橋養鶉業協同組合

体 長200mm
生息地繁殖地:東日本、中国東北部、沿海州 越冬地:西日本、中国南部
用 途ヘビ一般を始め中~大型の肉食性爬虫類
使用方法冷凍したものを解凍して静置・ピンセットなどで誘いながら、など
解 説(ここでの解説は日本に分布するニホンウズラに関するものです)キジ科の渡り鳥。キジ科の鳥は留鳥が多いため、本種のように渡りをするのは珍しい。茂みが多い草地や農耕地などで生活をし、地表で昆虫類や穀類などを食べる雑食性。鳴き声は繁殖期のオスで「クックルルクー」、メスは「ピピィー」。野生のウズラは年に7~14個ほどの卵しか産まないが、採卵用に養殖されている品種は多産系の改良品種であり、年間に200~300個ほどを産む。日本では愛知県を中心に卵を得るために養殖されている。両爬の餌として、孵化直後のヒナが冷凍されて利用される。野生個体は環境省レッドデータリストの「情報不足」のカテゴリーに属する。

ウズラ(成鳥)の栄養成分 可食部100gあたりに換算
成分ウズラ成鳥
エネルギー(kcal)235
水分(g)65.4
タンパク質(g)24.7
脂質(g)11.0
炭水化物糖質(g)3.4
ビタミンA (IU)2432
B1 (mg)データなし
B2 (mg)
B3 (mg)
C (mg)
D (mg)
E (IU)2.3
無機質 (mg)カリウムデータなし
ナトリウム
2.6
リンデータなし
カルシウム1187
参考:S'hei's Homepage


なぜウズラ?

ヘビ飼育の方々ならば、すでにおなじみであります。
そう。マウスの代替食としてです。
一般にヘビの餌には冷凍のマウスが使われるのですが、ウズラは同程度のサイズのマウスと比べると「安価」で売られていることが多いのです。
調べてみると、ピンクマウスのM程度で比較すると、マウスの方が平均して60円/匹、一方のウズラのヒナならば35円/羽程度で販売されています。ですから、体長1m未満のヘビならばピンクマウスよりもウズラの方が安上がりということになります。

ただし、ここでよく議論されるのがウズラの栄養評価です。
もはや、両爬飼育趣味界のセオリー
マウスは完全食品
が、浸透していますのでそれ以外の生き物を餌にすることは躊躇してしまうようになっています。特に、生まれたばかりの鳥類のヒナは体内に多量の卵黄を残しているそうなので、ヘビにとってはコレステロールの過剰摂取につながることが懸念されています。
それと、これはあくまで私個人の思いこみなのですが、ウズラの場合は体全体が羽毛に覆われていますので、なんだか食べることができる部分なんてほんのちょっぴりしかないのでは...と感じられてしまうんですよね。羽毛は食べても消化できませんから。