全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!!
久しぶりに「餌動物飼育繁殖図鑑」であります。以前は「マウスの飼育繁殖」をしたのですが、「ま、マウスと似たようなもんだから、あらためて一回分の記事として扱う必要もないだろう」と思って記事にするつもりはなかったのですが、自分でやってみてなかなかいろいろと考えることがあったので、あらためて記事にしてみました。
そう、今回は「ラットの飼育繁殖」であります。
ラット(ドブネズミ)


体 長 186~260mm(頭胴長)
生息地 世界各地
用 途 1m前後以上のヘビ一般を始め中~大型の肉食性爬虫類
使用方法 生きたまま与える・殺した直後にケージ内に静置・冷凍したものを解凍して静置・ピンセットなどで誘いながら、など
解 説 世界的に人家周辺を中心に生息する齧歯類。自然下では高山帯の森林から平地の民家にいたるまであらゆるところに生息している。地中に巣穴を作ったり、ぼろきれや紙などを利用して生活している。雑食性で果実や種子、昆虫類などから人間が出すゴミなども食う。よく似たクマネズミが高い場所などを得意とするのに対して、地下や下水道などで生活するため、泳ぎも得意。一年中繁殖期であり、冬眠はしない。本来、背面は灰色から褐色、腹面は灰白色の毛に覆われるが、品種改良され、一般には白い毛色で赤い目のアルビノ個体が実験用・愛玩用・餌用に広く養殖されている。

ラットの栄養成分 可食部100gあたりに換算
成分 ピンク ラットS ラットL
エネルギー(kcal) 110 167 216
水分(g) 79.2 70.0 66.1
タンパク質(g) 12.0 16.8 21.0
脂質(g) 4.9 8.3 11.1
炭水化物糖質(g) 2.5 4.4 3.3
ビタミン A (IU) 444 データなし 5132
B1 (mg) データなし
B2 (mg)
B3 (mg)
C (mg)
D (mg)
E (IU) 9.78 データなし 4.72
無機質 (mg) カリウム データなし
ナトリウム
5.7 4.0 5.0
リン データなし データなし 502
カルシウム 385 621 888
参考:S'hei's Homepage


なぜラット?

昨冬の「餌動物飼育繁殖図鑑・その2」でマウスの飼育繁殖を取り扱ったことをきっかけにして、それまで敬遠していたマウスの自家繁殖を、私は始めてみました。なんとか多くの方の助言をいただきながら、100%自給自足とはいきませんが、常に各サイズのマウス達が供給できる可能性を確実に感じることができるようになりました。
ところが、この間に私が感じたのが「じれったい...」という気持ちです。もちろん軌道に乗れば大丈夫なのでしょうが、うちのメータークラスのヘビたちに食わせるためのマウスMサイズ以上まで育てるのが面倒になってきたのです。
そこでラットですよ。
しかし実はラット飼育はマウス飼育以上に、私は敬遠していたのです。その最大の理由が
「ラットはでかくてコワイ」
です。
ラットのデカさというのは写真や言葉での上では理解していたのですが、実際に衣装ケースの中でうごめく巨大な白いネズミたちを見てしまうと、どうしても自分の家でこの「」たちを飼育する気にはなれなかったのです。

しかしこちとら万年ネタ不足ですから、とにかくやってみよう、とついにラット飼育を始めてみたのでした。