全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

かなり一般の方からのニーズが多い「身近な両爬の飼い方」シリーズです。
今回は、ズバリ「トカゲの飼い方」です。
なんか、もう露骨に検索エンジンに引っかかりやすいようなタイトルの付け方に感じる向きも多いかもしれませんが、違いますよー。だって本当に「ニホントカゲPlesteodon japonica の飼い方」なんですから。

どうすれば、あの金ピカのチョロ助たちと仲良くなれるのか?それを徹底的に、ご紹介いたします!
実は...オオシマトカゲ...気づく人はそんなにいないだろ...
トカゲ

いつものように、今回の記事作成にあたり、ベテラン飼育者の方からの協力をいただいていますし、何より実は私・星野の得意分野でもありますので、安心して参考にしてください!

二ホントカゲと二ホンカナヘビ

さて、本編に入る前に、念のため確認をしておきましょう。

南西諸島や対馬以外の日本国内で、単に「とかげ」と言った場合はちょっと注意が必要です。
つまり日本で一般に知られている「とかげ」には、正真正銘のトカゲである「ニホントカゲ」とまったく別のグループの爬虫類である「ニホンカナヘビ」の2種があるからです。
見分け方は、いくら言葉で表現しても伝えきれないでしょうから下のリンク先でご確認下さい。

ニホントカゲ
ニホンカナヘビ

一応、言葉で表現してみると
  • スベスベした感じがニホントカゲ、カサカサした感じがニホンカナヘビ

  • 尻尾が青いのはニホントカゲ

  • 顔が赤くなるのがニホントカゲ
と、こんなところでしょう。
本編では「ニホントカゲ」に関して述べてありますので、カナヘビに関して情報が知りたい方はコチラへどうぞ。

ニホントカゲの生態、生息地

ニホントカゲは北海道から九州まで、日本全国に普通に分布する日本固有のスキンク科の爬虫類です。
えらい昔に撮影した写真でした
ニホントカゲのオス ※頭部は歴戦のケガ

「スキンク」というのは、ニホントカゲのように一般にスベスベした感じの鱗に体が覆われているトカゲの大きなグループで、世界中で最も種類数の多いトカゲの仲間のことです。あまり一般の方々には聞きなれない呼び方ですから、ま、普通に「トカゲ科」としていいでしょう。

日当たりのいい環境を好みますが、都心部でなければ住宅街でも見ることができますし樹木の多い公園などでも生活しています。もちろん山や森林にもいますし、海岸線などでも生活できます。特に西日本では普通に見られますが、関東地方では「とかげ」というとカナヘビを表す場合が多く、本種は「金トカゲ」などと呼ばれたりして子ども達の間でも特別扱いされているようなこともあります。

基本的に巣穴を掘って生活しており、山の切り通しの斜面では舗装用のブロックなどを利用して生活している姿をよく見かけます。特にオスはテリトリー意識が強く、他のオス個体に対して攻撃的になります。

成体は背面が金色がかり、特に繁殖期のオスでは頬からのどにかけて朱色に染まります。一方、幼体では金色地に黒色のライン(黒色地に金色のライン)が入り尾がメタリックブルーになっていて、非常に美しいトカゲです。
写真、ショボっっっ
尾が青い幼体


敵に襲われ身の危険を感じると、カナヘビ以上に尾を自切しやすく、青くて目立つ尾を切り離して敵の目がそちらに向いている間に逃げていくという作戦をとります。
尾は再生し、青くなりますがオリジナルの尾よりは青みが薄い場合が多いようです。

食性は昆虫食が基本で、さまざまな虫を食います。ニホントカゲより体ががっしりしている分、大きい餌を食うようで、私は以前、自分よりも大きいムカデを食べている本種を観察したことがあります。
また飼育下では果実なども食うようですから、野生でも落下した果実などを食っているのかもしれません。

初夏に巣穴や石の下などに産卵を行います。
メスは卵を孵化まで保護して管理することが知られています。このような習性は日本国内の爬虫類では珍しくニホントカゲの仲間だけの特徴と言えるでしょう。