全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

今回の両爬飼育入門コトハジメは、特に爬虫類飼育では重要なバロメータになる「脱皮」に関して考えてみます!

爬虫類の皮膚

まず、爬虫類にとって脱皮とは何かを確認してみましょう。

爬虫類の脱皮は、一般的なイメージとして「成長して体が大きくなったから、皮膚がきつくなって、それを脱ぐ」という感じですが、ちょっとソレとは違います。

一番わかりやすく言えば、私たちの「垢(あか)」と同じです。つまり我々人間が「成長するから、垢を落とす」わけではないのと同じように、両爬も必ずしも「成長するから脱皮する」ということではありません。

私たち人間も含めて、動物の皮膚は「真皮」と「表皮」に分かれています。
表皮は、外界からの刺激から体を守るためにあるもので、特に両生類と爬虫類では「乾燥」に耐えるかどうかで表皮の構造に違いがあります。

この表皮は、硬質のタンパク質である「ケラチン」を分泌してます。表皮の一番外側の細胞はケラチンを大量に含むことで死んで、ケラチンの層を作って表皮を覆ってその下の真皮を守ります。このケラチンの層が角質層です。ちなみにケラチンは、私たち人間の毛髪や爪にも多く含まれています。

このケラチンの分泌は、カメやワニの場合は継続的に行われていますが、両生類やトカゲ、ヘビの場合、分泌に休眠期間があります。
つまり
「ケラチン分泌」→「角質層形成」→「ケラチン分泌休眠」→「ケラチン分泌」→「角質層形成」→・・・
となるわけです。ですから、古い角質層と新しい角質層は連続しないため、間に空間ができてしまいます。その空間から古い角質層が浮いてとれるのが「脱皮」というわけです。

カメやワニは、ケラチンの分泌の休眠期間がないため、ヘビやトカゲのような脱皮にはならないのです。
ただ、カメの場合はケラチンの分泌量に季節による変動があるため、甲板にいわゆる「年輪」ができる場合が多く、年齢を知ることに利用されます。
ただし、いつまでも古くなった角質層に覆われているわけにもいきませんから、ときどき甲板やワニの場合はウロコがポロリとはげ落ちるわけです。もちろん、健全な証拠ですので心配する必要はありません。
私たち人間の「垢」も表皮の古い角質がはげ落ちてきたものですから、両爬の脱皮とそういう意味では同じということになります。

このように、「古いモノと新しいモノが入れ替わる」という体の現象を「新陳代謝」と言いますが、両爬の脱皮はまさに「新陳代謝」というわけです。ですから正常な脱皮は、正常な新陳代謝をしている証拠、という意味で、両爬の脱皮は健康のバロメータと言えるわけです。
あんまりイイ脱皮じゃない
サキシマスジオの脱皮

脱皮の頻度

よく、受ける質問なのですが、脱皮の頻度というのは何か決まりがあるのでしょうか?

おそらく、彼らの中の何らかの因子の都合という決まりはあるのでしょうが、まだよくわかっていません。
したがって、結論を言えば、脱皮の頻度にルールはありません。

ただし、その個体に適した環境で理想的な成長ができる飼育をしてあげると、ヘビやヤモリの仲間は、比較的決まった周期で脱皮することが多いようです。

よく聞くのは、幼体時のヘビで2週間に1回の割合で脱皮するとかです。
逆に、パイソンの成体などのように大型の個体の場合は1年に1回しか脱皮しないようなこともあります。

ですから、脱皮の頻度というのは、それほど気にするコトではないように思えますが、不健全な脱皮を、不定期に行うよりも、健全な脱皮を定期的に行っている方が、こちらの精神衛生上もいいわけです。
やはり普段の観察から、脱皮の記録をつけて、その個体の個性を把握しておくことは良いに越したことではありません。