<INDEX>
「含まない」と「低い」の違い……1P
カロリーゼロとカロリーオフ!?その数値の違いとは……2P
カロリーゼロやカロリーオフの上手な利用方法……3P

「含まない」と「低い」の違い

ゼロ、という表示は飲料100mlあたり5kcal未満の場合、表示できることになっています。※写真はイメージです
ゼロ、という表示は飲料100mlあたり5kcal未満の場合、表示できることになっています。※写真はイメージです
ダイエットは今やブームというよりも生活の一部という方も少なくないかもしれません。ダイエット関連の商品が多く発売される中、身近な食品に表示されている、カロリーが低そうな様々なキーワードが目に付きます。これらは、厚生労働省の「栄養表示基準に基づく栄養成分表示」に定められた内容や表示方法に従って行うことになっており、実は規定があるのです。

なかでも、国民の栄養摂取状況から過剰に摂るとこが心配されている栄養成分(カロリー、ナトリウム、糖質、脂質など)に関しては、「(ひかえめ、など)適切に摂ることができますよ」という表示をしても良い事になっています。まずは、それらの表示に使うことが許されているキーワードをご紹介します。

■「含まない」
無、ゼロ、ノン、レス

■「低い」
低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ

■他の食品と比べて、栄養成分等の量が少ないことを表示
※ただし指定された栄養素は「低い」と同じ基準値以下である必要があります。
※当社比○○%オフ、などはメーカーさん固有の表記です。

ここではまず、この表現を憶えておきましょう。

次のページでは、これらの基準をご紹介していきます。

※厚生労働省 健康増進法 第31条「栄養表示基準に基づく栄養成分表示」より引用