<INDEX>
まずはウエスト周りをチェック!……1P
お腹の脂肪とサヨナラできる!野菜の食べ方……2P
メタボに効くのは和食?洋食?その意外な答え……3P
もっと詳しく知りたい!メタボリックシンドローム……4P

まずはウエスト周りをチェック!

画像の代替テキスト
なんと成人女性の5人に1人、成人男性の2人に1人にメタボリック・シンドロームの疑いが。健康のためにも、いつまでもカッコ良い体型でいるためにも、お腹まわりはスッキリしたい!
近年よく耳にするようになった「メタボリック・シンドローム(metabolic syndrome)」。ビール腹、下半身太り……そんなオジサンっぽいイメージがありますよね。

しかし他人事ではありません! あなたのご主人やパートナーのウエスト周りは大丈夫ですか? メタボの基準の一つはウエストサイズ。男性は85cm以上、女性は90cm以上で、これを超えると「メタボ要注意」の診断になってしまうんです(厚生労働省の基準値より)。「まさか彼が……」なんて思わず、まずは測ってみましょう。

意外にも(?)85cmのウエストサイズは、さほど縁遠くないサイズ。痩せ型の方は少し安心ですが、太り気味を気にしている方の場合は、気を緩めるとすぐにこのサイズに近づきがち。メタボ圏内に入ってしまうのは意外に簡単。

実際にも成人男性では2人に1人がメタボリック症候群の疑いがあるとされ、実に多くの人が気にしている様子。社会人になると急に食生活が変わったり、仕事が忙しくなると食生活が不規則になったり、そもそも男性ホルモンの関係でお腹周りに脂肪がつきやすい、と原因がたくさん。

お腹が出ているとかっこ悪い、という見た目の問題だけではなくて、カラダの血液の流れが悪くなり、病気にかかりやすくなってしまうちょっと怖い面も。たとえ20歳代であっても年齢に関係なく、気をつけたいものなのです。

次のページでは、あなたのパートナーをメタボとサヨナラさせるための、食事で気をつけたい3か条をご紹介します!