メタボに効くのは和食?洋食?その意外な答え

画像の代替テキスト
和食や蕎麦は、低脂肪だけれど塩分が多いのが難点。たまにはメニューを変えましょう!
女性はウエストにクビレも欲しいし、男性はお腹周りをすっきりさせたいもの。このためには野菜をたっぷり食べて、低脂肪で薄味の食事が効果大です。パートナーのメタボ対策とあなたのダイエット、同時にチャレンジするチャンスかもしれません!

日頃カロリーには気をつけているけれど、食事の中の脂肪分や塩分にはあまり意識がない、という方は多いもの。

和食はヘルシーなイメージですが、塩分の摂りすぎになりやすいという欠点があります。そして洋食は、適度な油を使うことで野菜を美味しく食べられたり、塩分控えめの味付けが多いメリットがあります。また、中華料理は油が多いイメージですが、たくさんの野菜を食べられるメリットもあります。

つまり何かに偏ることなく、和洋中と料理の種類を組み合わせることが、健康のためには大切なのです。ここでは和食と洋食のモデルパターンで、どのくらいの脂肪と塩分を摂っているのかを知っておきましょう!

■和食派の1日
朝食……ごはん、味噌汁、鮭の塩焼き、納豆(塩分4.5g・脂質18.4g)
昼食……鍋焼きうどん(塩分5.7g ・脂質15.1g)
夕食……ごはん、味噌汁、豚しゃぶサラダ、野菜の煮物(塩分5.3g ・脂質27.0g)
【合計】 2010kcal、塩分15.5g、脂質60.5g
脂肪エネルギー比率 約27.1%


■洋食派の1日
朝食……メロンパン、ツナサンド、ノンシュガーカフェラテ(コンビニで購入)
(塩分1.5g、脂質31.3g)
昼食……トマトとなすのスパゲティ、生ハムのサラダ(塩分4.1g・脂質44.9g)
夕食……和風ハンバーグ(塩分2.9g ・脂質42.5g)
【合計】 2151kcal、塩分8.5g、脂質118.7g
脂肪エネルギー比率 49.7%


この2つの食事パターン、カロリーは2000kcal強なのですが、塩分と脂肪分が大きく違うことにお気づきでしょうか。
【画像の代替テキスト】
洋食は脂肪が気になるけれど、野菜がたくさん食べられる料理も多く、和食より塩分控えめ。
1日10gが目標の塩分は、和食が大幅オーバー。同じく脂肪によるカロリー比率は25%が目標値なのですが、洋食は大幅にオーバー!

料理の味付けは、脂肪が少ない場合には塩気がないと美味しく感じなく、油を使う料理は塩味が薄くても美味しく食べられるという関係にあります。

健康のためには、和食が良いとも洋食がダメとも言い切れません。食事にはいろいろな味付けや素材、料理方法を取り入れて、偏らないのがベストです!

データ出典:山崎製パンホームページ、デニーズホームページを参考に作成

次のページではメタボリックシンドロームについて、詳しく説明します!