アップルシナモンウォーターでデトックス

健康効果の高いアップルとシナモンでダブルの効果

健康効果の高いアップルとシナモンでダブルの効果


余分な脂肪を減らして引き締ったカラダを手に入れるには、食事ダイエットと適度なエクササイズは欠かせない要素ですが、それでも他に出来る事があればどんなものでも試したいのが女心というのもでしょう。今回は、ウエイトロスだけでなく健康と美容にも効果の高い、アップルシナモンウォーターをご紹介します。

用意するものは、りんごとシナモンスティック、ピッチャーのみ。カラダの毒素排出効果を助け代謝を上げる効果も期待できるこのアップルシナモンウォーターを、朝の起き抜けや食前、一日を通した水分補給として飲むことで、1週間で-2kgを成し遂げた人もいるようです。もちろん個人差はありますが、自宅で簡単に作ることが出来てダイエットに取り入れやすいので、興味のある方は是非お試しください。
   

アップルシナモンウォーターはこんな人にオススメ!

  • ジュースや炭酸飲料・スポーツドリンクをよく飲む
  • むくみやすい
  • お水をあまり飲まない・飲めない
  • お肉をよく食べる
  • 疲れやすい
  • ダイエットの停滞期中
  • スイーツをなかなかやめられない
  • 便秘気味
  • 冷え性
  • ダイエット中にストレスが溜まりやすい
 

アップルシナモンウォーターで期待できる効果・利点

■りんご
りんごにはダイエットに良い栄養素がたくさんあります。体内の余分なナトリウムの排出を助け血流を改善する働きのあるカリウム。腸内の善玉菌を増やし便通を整える効果や悪玉コレステロールを減らす働きのある水溶性食物繊維のペクチン。疲労物質を分解して疲労回復をはかる効果のあるリンゴ酸やクエン酸。そして消化吸収を抑えるなどの働きにより、血中の中性脂肪を低下したり脂肪が蓄積されるのを防いでくれるリンゴポリフェノール。これらの栄養素が代謝をアップし、デトックスの効果を高める助けをしてくれます。

■シナモン
カルシウムや鉄分、マンガンなどの女性が不足しがちなミネラルが多く含まれているシナモン。実はウエイトロスに大きな効果を発揮するスパイスでもあるのです。シナモンの主成分でもある、フィトケミカルのシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)は血液の循環機能を促進し血流を改善、カラダを温め(冷え症改善)、利尿の作用を高めることでデトックスの効果が高く、カラダの体液代謝を促進し、毛細血管の老化防止も期待できます。

その他、シナモンには自律神経を整えて気分を落ち着かせる効果があるので、ダイエット中には特におすすめ。抗菌作用や細菌感染を予防する効果もあるのでお肌のトラブルにも効果を発揮します。

■お水
しっかり水分補給することは体内の毒素排出にも役立ちますし、カラダを正常に機能させ健康を維持する為に十分な水分補給は欠かせません。一日1~1.5L飲むことが推奨されていますが、なかなかそんなにたくさん飲めない方も多いですよね。このドリンクにはりんごの酸味とシナモンの風味がふんわりとついているので、たくさんお水を飲むことが苦手な人にもおすすめです。
 

アップルシナモンウォーター レシピとポイント

■用意するもの
a_c_w_1

写真にはりんごが1つしかないですが2個必要です

  • りんご2つ(オーガニック。なければ農薬除去法参照)
  • シナモンスティック2本
  • ピッチャー(1.8~2L入るもの)
これだけ!
 

■作り方
a_c_w_3

薄めにスライスすることでフレーバーを強くできます

1. りんごの芯を取り除き、約1/16ほどにスライスする。皮は剥かない。
 
a_c_w_4

材料を入れるだけで簡単にできます!

2. ピッチャーに1のりんごとシナモンを入れ、その上に氷を入れる。(氷はピッチャーの半分くらい)
 
a_c_w_5

ガス入りのミネラルウォーターで作るのもいいかも!

3. 2のピッチャーを水で満たし冷蔵庫へ。

1時間~6時間後に飲み始めてOKです。私個人的には、2~3時間後にはきちんとフレーバーもついているので、それくらいで飲み始めますが、すっきりしていて美味しいですよ! 長く置けば置くほどフレーバーは強くなります。それでももう少し強いフレーバーをお好みの方は、りんごやシナモンを足しても可。

ピッチャーの半分くらいまで水がなくなったら、水と氷を足します(基本的にはりんごが空気に触れてしまったら足すようにしましょう)。それを3~4回繰り返したらりんごとシナモンを交換します。

朝の起床時や食前食後、日常の水分補給として飲んで下さい。少なくともピッチャーを1日で飲み終えるくらいがGood!

このデトックスダイエットを試す際は、ジュースや炭酸飲料、清涼飲料を止め、飲み物をこのアップルシナモンウォーターに変えましょう。一度このナチュラルな水分補給を覚えたら、そういった砂糖の多い飲み物を欲しなくなりますので、それまでは続けてみて下さいね!
 

アップルシナモンウォーターの注意点

シナモンに含まれるプロアントシアニジンは血糖値を下げる働きがあり、糖尿病や高血糖疾患の治療にもつかわれていますが、糖尿病や高血圧で薬を処方されている人は、医師へ相談してからこのダイエットを行って下さい。薬を飲んでいなくても、このドリンクを飲み始めて浮腫みがひどくなったりした場合、一度飲むのを止め、医師に相談して下さい。
 

アップルシナモンウォーターの疑問・注意点

■氷は必ず入れなくてはいけないの?
冷たい飲み物は代謝を上げるのに一役買いますが、氷を入れて冷蔵庫に入れるとなるとかなりの冷たさになるのも事実。胃腸の弱い人や、冷たいものが苦手な人は、氷を入れなくても良いでしょう。ただし常温や暖かいものよりは、少し冷たいほうがおいしく飲めるようです。

■シナモンパウダーではだめなの?
シナモンはスティックが推奨されています。ない場合はパウダーでも代用は可能ですが、効果の出かたは人それぞれのようです。パウダーに変える場合はスティック1本で小さじ1に相当するので、お好みで量を調節して下さい。
 
■飲んだらお腹にガスが溜まるんだけど……
稀ですが、中には飲んだ時にお腹にガスが溜まったり、膨満感を感じる人がいるようです。腸内環境を整える過程で起こる症状との見方もあり、続けることで症状がなくなる方もいますし、私個人の感想としては、腸が刺激されてぜんどう運動が促されている感じを受けますが、あまりにもひどく続く場合は飲むのをやめ、医師に相談して下さい。

■使い終わった後のりんごは食べてもいい?
2~3日水に浸けているので味はほとんど無くなっていて、そして少し色も変わってきているのでおすすめは出来ません。保存状態が良ければ食べても大丈夫でしょうが、私個人としては堆肥としての再利用をおすすめします!

■どれくらい持つの?
2~3日は同じ水、同じ材料で持つようですが、やはりフレッシュなものを飲みたいですよね。同じ水だとリンゴの色が変わってきたりもします。なので、1日に1ピッチャー分は飲みきるようにして、3~4回のリフィル後に材料を交換して下さい。

■水につけているだけで栄養吸収できるの?
ティーバッグで紅茶やお茶を淹れるのを想像して下さい。あのように栄養成分も染み出ていくのでりんごやシナモンの栄養成分も取り入れられるようです。まずは試してみたら体調の変化がわかると思いますので、半信半疑でも試してみてはいかがでしょうか。

■オーガニックのりんごが手に入らないのだけど……
りんごは農薬使用の高いフルーツ。皮ごと使うこのドリンクにはぜひオーガニックをおすすめしたいところですが、「オーガニックは高いし、なかなか手に入らない」という方は、自宅で出来る農薬除去法を試してみましょう。まず水を張ったボウルに小さじ1の食用の重層を入れ溶かし、重曹水を作ります。その中に、30秒から1分間ほどりんごを浸し、最後に洗い流せばOK!それでも気になる人は皮を剥いてもOKです。
 
今回ご紹介したアップルシナモンウォーター。飲めば誰でも必ず代謝が上がる!という厳密な科学的証明には至っていないようですが、飲み始めた人が実際にウエイトロスに成功したり、健康効果を感じている人が多いのも事実。特に、疲れにくくなったり、飲む前よりもエネルギーがわいてくると実感してる人は多いようです。実際に、私はむくみのひどい時に3日試してみて、特に足首のすっきり感を感じました。

このアップルシナモンウォーターのアレンジレシピやその他、デトックスウォーターレシピが75レシピ載っている「キレイをかなえるデトックスウォーター」が」宝島社から発売中です。ウエイトロスしたい人もそうでない人も、美容と健康に気を使っている人は、ぜひお試し下さいね!
 
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。