ベルギー国民の定番といえば、Leonidas(レオニダス)

写真をクリックすると次の写真に進みます
レオニダスのマノンカフェ
全世界のレオニダスで一番人気の商品「マノンカフェ」(C)Leonidas


レオニダス
いつも多くの人で賑わうベルギーのレオニダス。黄色と青を基調にした店構えはポップで親しみやすい雰囲気(C)Leonidas
ベルギーの街のあちこちで見かけるレオニダス(Leonidas)は、地元の定番チョコレート。ベルギーで「好きなチョコレートは?」と聞くと、レオニダスの名を挙げる人も多く、実際インターネット投票ではチョコレート部門3年連続で第1位を獲得しました。

レオニダスの創業は1913年。アメリカで菓子職人として腕をふるっていたギリシア人の菓子職人レオニダス・ケステキディス氏が開いたお店です。ベルギーで開催された万国博覧会で金賞を受賞し、ベルギーで高い名声を得たことにくわえて、ブリュッセルの女性に恋をしてしたことが開店のきっかけ。ちなみにその女性とはのちに結婚したそうです。

その後、甥のバジル氏がカウンターでの量り売り方式を考案。店先に漂う良い香りにつられて多くの人が行列をつくり、またたく間に人気店へとのぼりつめていきました。家族経営から始まったレオニダスも、いまでは世界約40か国に2,000店ものお店を展開しています。

フレッシュさにこだわるレオニダスのチョコレートのなかで、全世界一番人気の商品が写真の「マノンカフェ」。ベルギーのレオニダスでは、「クリスマス時期などには、一人当たりのお買い上げ制限をさせていただくこともある」というほどの人気。フレッシュバタークリーム入りのコーヒー風味のホワイトチョコレートに、ローストしたヘーゼルナッツを丸ごとくるんだもので、適度な甘さとナッツの歯ごたえが絶妙です。
次のページでは、オシャレな街生まれのショコラティエをご紹介します。