ドイツといえばビール! そんなイメージを持っている人は多いはず。もちろんそれはアタリ。でも実はドイツはヨーロッパ有数のワインの名産地でもあるんです。爽やかな白ワインを味わい、ライン川クルーズを楽しむ——夏のドイツで味わいたい美味しい旅へご案内します。

【Index】

ドイツ人もこよなく愛する白ワイン

ラインガウ
ラインガウに広がるブドウ畑。ヨーロッパでも最北端に位置するエリア

白ワイン
ドイツで飲みたい白ワインといえばリースリング
ビールばかり飲んでいるように思われがちなドイツ人ですが、実はワインもかなり人気があります。実際にドイツでいろいろな人に話を聞いてみたところ、「ビールもよく飲むけど、ワインの方が好きかも」なんて人も結構いました。

それもそのはず、実はドイツのライン川沿いに広がるラインガウ地方は、世界的にも高く評価されるワインの名産地。なかでもリースリングという品種を使った白ワインが有名で、このあたりで造られているブドウのほとんどが同種。リースリングは世界各地で造られていますが、「リースリングといえばドイツワイン」というくらい、その名は定着しています。ラインガウはワインを造ることのできる北限である北緯50度近くに位置し、寒さに強いリースリングの栽培に適しているのです。

リースリングは、スッキリした酸味と爽やかな果実味が特徴。バランスの取れた華やかな味わいで、甘口から辛口までいろいろあります。凍ったブドウをそのまま収穫して造るドイツ発祥のアイスワインもリースリングから造られます。

次のページでは、早速白ワインを飲みに、ラインガウ地方へ出かけましょう。