おいしいレストラン選びのために欠かせないのが、口コミや情報。もちろん、自分の舌で確かめないことには本当のところはわかりませんが、やっぱり参考にはなります。なかでもミシュラン、ザガットサーベイといえばほとんどの人がその名を聞いたことがあるレストランガイド。でも、その違いや特徴、どこまで知っていますか?

100年以上の歴史を誇るミシュランガイド

 Michelin 2006 Red Guide France: Hotels & Restaurants (Michelin Red Guide: France)
Michelin 2006 Red Guide France: Hotels & Restaurants (Michelin Red Guide: France)
赤い表紙でおなじみのミシュランガイド(Michelin Guide)。フランスのタイヤメーカーが出しているレストランのガイドブックです。表紙が緑の観光ガイドブックもあり、それぞれ「赤ミシュラン」、「緑ミシュラン」と呼ばれます。ほかに黄色い表紙のロードマップもあります。

なぜタイヤメーカーがガイドブック?!と思うかもしれませんが、元々はドライバーに向けたサービスの一環としてドライブに役立つ情報冊子『ミシュランガイド』を1900年に無料で配布したのが始まり。だからミシュランにはレストランのほかに、ホテルの情報も掲載されています。現在ではフランスのほかに、ドイツ、イタリア、スペインなどヨーロッパをはじめとする20カ国以上の国で販売。残念ながら日本版はまだありません(※)。
(※2007/3/14、ついに東京版を発売することを発表。刊行は2007/11)

最近では、2005年にはオープン前の店の評価を掲載してしまったり、元調査員が暴露本を出すなどの騒ぎもありました。また2006年にニューヨーク版を発刊したのですが、次のページで紹介するザガットサーベイと評価がだいぶ違うと批判の声も。でも話題がつきないのは、それだけミシュランが注目されているが証拠。やはり毎年の格付けは話題になり、特にヨーロッパでは最も権威あるレストランガイドとして多くの人の注目を集めています。

匿名調査員によるミシュランの評価

料理だけでなく、もちろん店の雰囲気なども重視している
ミシュランガイドに掲載するかどうかの判断は、選ばれた匿名調査員によってのみ行われます。評価はいたってシンプル。基本的に掲載されているお店はどれもミシュランが薦めるお店なのですが、なかでも優れているお店には特別に星がつけられています。星は1つ~3つまで。「パリの3つ星レストラン」なんて言葉は日本でも有名ですよね。以下のように定義されています。
  • 3つ星:そのレストランで食事をすることを目的にでかける価値がある店
  • 2つ星:多少遠回りしてでも訪れる価値がある店
  • 1つ星:そのカテゴリーで非常に美味しい料理を出す店
またほかにも、フォークの数で快適さを表しています。フォークの数は1~5本。もちろん多いほど快適であるということ。なかでも評価できる店のフォークは黒ではなく、赤で明記されています。

ちなみにミシュランガイドに掲載されているレストランの情報はVia Michelinページでも提供しています。しかも無料! 条件を入れると簡単に検索できますよ(英語)。次のページでは、口コミで定評のあるザガットサーベイ(ZAGAT SURVEY)を紹介します。