世界には想像さえできないような場所がいくつもある。世界でもっとも低い陸地にあるその湖では、人が何もせずに浮き、沈むことができないという。

世界遺産ではないけれどすばらしい場所を紹介するシリーズ、未来の世界遺産。第7回はイスラエル・パレスチナ-ヨルダン国境にまたがる湖、死海!

憧れの場所、死海を訪れる!

写真をクリックすると次の写真に進みます
エイン・ゲティ
死海の西岸、イスラエル側の死海リゾート、エイン・ゲティ。エイン・ゲティとエイン・ボケックの景観は、個人的には全世界のビーチの中でももっとも美しかったもののひとつ。


死海東岸
死海の海岸線。こちらは死海東岸、ヨルダン側の景色。©牧哲雄
誰しも子供の頃から憧れていた場所というのがきっとある。

絶対に体が沈まない湖がある――小さな頃、そう父親に聞いて、「いつか絶対訪れる」と決めていた場所。それが死海だった。

はじめて訪れたのは死海のヨルダン側で、ビーチでもなんでもないただの海岸。実は感動のあまりヨルダン側、イスラエル側と2度訪問しているのだが、ヨルダン側はこのような殺風景な海岸線が多かった。

ヨルダン側から現地を訪れた私は、子供のようにワクワクドキドキで水着に着替え、死海へと飛び出した。

見た目は日本の海とまったく変わらず、おまけに波も少し高い。勢いよく飛び出してきたものの、「本当に浮くのかよ」というのが正直な気持ちだった。泳ぎが得意ではないし、正直浮いてもらわないと困るくらいだ。

岩には塩が結晶しており、スリッパがないと足を切りそうなので、履いたまま足を進めていく。足先の感じは普通の海と全然変わらないが、ずっと以前に蚊に刺された場所がヒリヒリと痛み出す。これも濃い塩分のせいか。

ちょっと深場にある岩に歩を進めて腰まで水につかり、恐る恐るしゃがんでみると……