むくみを放置すると「慢性的下半身デブ」に!

ホッソリ脚になるはまず「むくみ」を撃退することが大事。
皆さんのなかには、「むくみ」に悩まされている人も多いことと思います。

この「むくみ」、「水分がたまっているだけ」だと思って放置していると大変なことに。慢性的な下半身デブの原因になってしまうんです。

これからだんだんと寒くなってくると、更にむくみやすくなりますよね。女性、特に基礎代謝が落ちてきている20代後半以上の女性は、要注意! 日々の生活でこまめにむくみ対策して、下半身デブになるのを防ぎましょう!


むくみの原因は?

むくみ、特に足のむくみは、運動不足などにより、カラダのリンパ腋が重力によって下のほう、つまり足首やふくらはぎあたりに滞ってしまうことが原因。

女性は男性に比べて筋肉量が少なく、リンパ腋を重力に逆らって押し戻す力が弱いので、一般にむくみやすいといわれています。また、年齢が上がれば上がるほど、筋肉や皮膚の衰えなどにより、むくみやすくなるそうです。「そういえば、若い頃よりむくみがひどくなっているかも?」という方は注意が必要です!


むくみがセルライトの原因に!

むくみは下半身デブの元!
「水分だから」とむくみを放置すると、「慢性的な下半身デブ」に!
よく「むくみを放置すると、脂肪に変わってしまう」と言われますが、これはウソ。むくみの原因は過剰な水分ですから、水分が脂肪に変わることはありません。

しかし、「むくみ」を放置していると、そこに脂肪や老廃物、コラーゲンなどが固まって、「セルライト」になってしまうのです。セルライトと化した脂肪は、ダイエットをしてもなかなか落ちません。また、一度できてしまったセルライトは完全にはなくならないのですから、たかが「むくみ」といっていられません。

また、人間の皮下組織は引っ張ったり伸ばしたりしたままの状態になっていると、組織が広がってしまうという性質があります。下半身に過剰な水分が溜まると、もちろん下半身の皮下組織は圧迫され、放っておけば組織が広がってしまうことになります。つまり、ふくらはぎなどに過剰な水分を溜めているということは、ふくらはぎの皮下組織を広げている、つまり太くする行為になるのです!


下半身デブは、なってしまってからでは遅い!

以上のように、「むくみ」を放置すると、セルライトや下半身の皮下組織を広げることに繋がります。つまり、「むくみ」は痩せにくい下半身、細くならない下半身の原因なのです。

そうならないために、今からでもすぐに「むくみ」の撃退を開始しましょう!

とはいえ、何かと多忙な私たち、むくみをとるお手入れにたくさんの時間はとられたくありません。

でも、大丈夫!! 超お手軽なマッサージ法があるんです。週に1度本格的なマッサージをするより、こまめに簡単なケアをしてあげるほうが、むくみ撃退には効果的でもあるんですよ。

それでは早速、次のページから超お手軽なマッサージ方法をご紹介しますね!