「大盛り」「お替わり」の英語表現! 「多め」「少なめ」も覚えよう

「大盛り」「お替わり」の英語表現!

「大盛り」「お替わり」の英語表現!

日本にはコーヒーお替わり自由のレストランがありますが、アメリカではソフトドリンクのお替わり自由もごく普通、パンを無料で持ってきてくれたり、料理の中身をアレンジしてくれたり、結構融通がききます。今回はそんなふうに注文を自分流にカスタマイズするための表現を見てみましょう。

まずコーヒーや飲み物の「お替わりください」ですが、次の二つの言い方の違いは何でしょうか?

Could I have some more coffee?
(クダイハヴサムモアカフィー)
Could I have another coffee?
(クダイハヴァナザーカフィー)

同じカップに注いでほしいときはsome more、別のカップを「もう一つ」持ってきてほしいときはanotherを使います。また、注ぎ足すのはrefill(リフィル)でもOK。Could I have a refill?も、「お替わりください」という言い方になります。

なお、some moreは量を特定せずに「もっと」という言い方になるので、some more bread(パンをもっと)とかsome more French fries(フライドポテトをもっと)なんていうこともできます。

さて、それでは「お替わり」ではなく、最初から「たくさんください」と言うには?英語では「普通以上の量」を指すにはextraを使います。例えば、こんな感じです。

Could I have extra tomato with my salad?
(クダイハヴエクストラトメイトウウィズマイサラド/私のサラダ、トマト多めにしていただけますか)

Could I have extra butter for my breakfast?
(クダイハヴエクストラバターフォマイブレクファスト/朝食のバター多めにいただけますか)

日本でいう「ご飯大盛り」はextra riceとなりますね。ちなみに、外国では「少なくしてください」と言う人はほとんどいないと思いますが、「多すぎて困るから、最初から少なく」というときは、こんなふうに頼むといいかもしれません。

Could I have less French fries? I can't eat a lot.
(クダイハヴレスフレンチフライズ アイキャントイータロト/フライドポテトは少なめにしていただけませんか。たくさん食べれないんです)
 

英語での注文はワガママでOK!

サラダのドレッシングを別にして欲しいときはon the sideを使おう

サラダのドレッシングを別にして欲しいときはon the sideを使おう

extra pepper(コショウ多め)、no salt(塩なしで)なんて、レストランで自分の好みの味にアレンジしてもらおうと、欧米の人は結構注文をつけます。例えば、こんなことを頼む人もいるんです。

Could I have the dressing on the side?
(クダイハヴザドレシングォンザサイド/ドレッシングは別にしてもらえますか)

on the sideは「別にして」ということで、こう言うと、ドレッシングはサラダとは別の入れ物で出してくれるので、かける量を自分の好きなように調節できるのです。

このほか、こんなふうに頼むこともあります。

Could you add some cheese to the salad?
(クドューアドサムチーズトゥザサラド/サラダにチーズを加えていただけますか)

Could I have some ice cream on top of the pie?
(クダイハヴサムアイスクリームオンタプオヴザパイ/パイにアイスクリームを載せていただけますか)

日本では単なるワガママ?! と思えるようなことでも、海外ではみんな意外にあっさり頼んでいます。もちろん、I'm afraid we can't.(あいにくできません)とお店に断られることもありますが、それでもあまり気にしないようです。

アレンジのサービスは無料でやってくれることも多いのですが、中にはお金がかかる場合もあるので、そんな場合はこんなふうに尋ねます。

Will it be charged?
(ウィルィトビチャージド/有料ですか?)

注文をカスタマイズするなんて上級のワザのように思えますが、実は結構簡単な表現でお願いできてしまいます。今度の旅行のときに、ぜひチャレンジしてみましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。