12月はお正月準備に向けてあわただしい家庭が増えますよね。でも、仕事納めは12月28日という会社がほとんどなのです。共働き世帯で、腰を落ち着けてお正月準備ができるのは、29,30,31日のたった3日間! そうじと買い物とお料理で走り回って終わりです。また、実家に帰省する人は、汚れた家をそのまま残していくことが少々心残り。共働き家庭の年越しは、ハードですよね。そこで、たった半日で「お正月が来たよ!」と実感できる大掃除とお正月品の準備の知恵をご紹介しましょう。
・・・INDEX・・・■ 共働き家庭の年末はとってもハードなんです■ 2時間、3か所でOK! 実感の残る大そうじ■ Something NEW で NEW year!


共働き家庭の年末はとってもハードなんです

共働き家庭のお正月はハードです。
共働き家庭のお正月は、実はハードなのです。
ガイドの母はハードワークのワーキングマザーでした。明治生まれの祖母に育てられた母は、それでもお正月準備をしなくては、と仕事納めのあとの3日間で大掃除や買出し、調理などの準備に追われたものです。眉をつりあげて走りまわる母の機嫌を損ねないように、緊張しながら準備を手伝う。お正月は家族全員でぐったり虚脱感です。自分が家庭を持ったとき、お正月は頑張らずに笑顔で過ごそう! そう思ったことを覚えています。

共働き家庭が家事に費やせる時間は限られています。それでも、その時間の中で精一杯季節の行事や暮らしのイベントを楽しみたい。そのためには、共働きならではの発想の転換が必要です。一般的な「ねばならぬ」といった義務感にとらわれずに、自分たちの暮らしのルールを作って、ゆったり笑顔で新しい年を迎えましょう!

次のページからは、共働きならではの年越しの知恵
・2時間、3か所で十分実感できる、大そうじ
・Something NEW で NEW year!
をご紹介していきます。