忙しい一人暮らしでも大丈夫! 最低限の箇所と手順を紹介

年末も近づいてきたし、大掃除をしなくちゃ……。そう思っていても、なかなか腰が上がらず、結局何もせずに終わってしまうということもよくあること。でも、新しい年を汚い部屋よりも、キレイな気持ちのいい部屋で迎えられたら、嬉しいですよね。

そこで今回は、ここだけやれば部屋が格段にスッキリする掃除箇所と、その掃除方法をお届けします。忙しい一人暮らしでも半日以内(4~5時間程度)で終えられるよう、また思い立ったらすぐ始められるように一人暮らしでも常備している道具で掃除できる最低限の箇所と手順をまとめました。これで見た目も暮らしやすさもアップし、気分がぐんと上がるはず。部屋も気分もさっぱりと一年を締めくくり、気持ちよく新しい年を迎えましょう!


冷蔵庫(目標タイム:1時間)

冷蔵庫掃除

冷蔵庫は内側だけでなく、外側も汚れています。使い捨てできるウェットシートでさっと拭いて

そもそもお正月とは、食べることが大変だった時代に五穀豊穣(=穀物が豊かに実ること)を願った行事でもあります。だからこそ、毎日食べるものを扱う冷蔵庫はまず真っ先にキレイにしておきたいもの。冷蔵庫の中が汚いと、食べるものもついイイカゲンになりがちですが、きちんと掃除されていると、自炊する気持ちも自然と湧いてきて、健康や美容にもつながってくるかもしれません。

(用意するもの)
ゴミ袋
使い捨てウェットシート(キッチン掃除用)(なければ雑巾)
食器用洗剤
食器用スポンジ

■食材チェックと処分
まずは、冷蔵庫の中に入っているのを「食べるもの」だけにしましょう。傷んでいるもの、賞味期限が明らかに過ぎたもの、賞味期限は過ぎてなくてもいつまでも使い切れない食材、いつ冷凍したかわからない食材などは、この際思い切って処分。

ついでに、掃除しやすいように、取っておく食材も出してしまいましょう。掃除中はクーラーボックスなどに入れて保管するのがベストですが、一人暮らしでわざわざ用意するのは無駄です。今は寒い季節なので、食材がすぐに悪くなることもないので、いったん段ボールなどで保管し、できたら玄関やベランダなど最も涼しい場所へ。寒いかもしれませんが、掃除の間は暖房はかけないのがベターです。

■冷蔵庫の内側の掃除
食材を出したら、キッチン掃除用のウェットシートで冷蔵庫の内側を拭いていきます。雑巾を使うと洗ったり絞ったり干したりの手間がかかりますが、ウェットシートなら短時間かつ手間なく使い捨てられます。ウェットシートは忙しい人にとってとても便利なので、普段から備えておくと◎。他の箇所ではフローリング用などと共用することもできますが、キッチンは食材を扱う場所なので、安全性を求めるためにキッチン用を選びましょう。

ひどい汚れがあるときは食器用洗剤を水で薄めたものを食器用スポンジに含ませてこすり、最後にウェットシートで拭きあげましょう。終わったら、食材を元に戻します。

■冷蔵庫の外側の掃除
外側も内側と同様、ウェットシートで汚れを拭き、それでも落ちないときは食器用洗剤とスポンジでこすります。

(冷蔵庫掃除おすすめ商品)
電解水除菌クリーナー レンジ&冷蔵庫用 20枚入

次のページでは、玄関および照明の掃除についてお届けします>>