リラックスタイムに大掃除のイメトレを

リラックスタイムに大掃除のイメトレを!

大掃除。どうせやるならシッカリやりたい、でも時間には限りがあります。そこで「1日8時間」で終わらせるハウツーをお伝えするのが今企画です。ただありがちなのが、やり方を読んだだけで満足してそれっきりというパターン……。

ならば、逆にまずは一例ハウツーを「読んで大掃除した気になってしまいましょう!」。 そうして、前もって動きと結果を「イメトレ」することで、大掃除を速やかに完遂しようではありませんか!


前もって準備しておきたいもの

  • 45リットルゴミ袋、スーパーのレジ袋(多めに)
  • 古タオル
  • 古歯ブラシ
ゴミ袋など大掃除グッズは多く、シーズンには定価で売られがち。でも少し早い時期には特売になっていることが多いもの。お得な価格で、早めにゲットしておきましょう。古タオルは使ったら捨ててもよいものをストックしておいて。


確認しておくこと

  • 住まいのある自治体の「燃えるゴミ」の範囲と、年末の収集日程(特に最終収集日)
  • 「燃えるゴミ」収集前日および、収集前直近の休日の予定(家族の予定も)
大掃除絡みで、たくさん出たゴミを何日も保管しておくのはストレスフルだし大変。スケジューリングは、ゴミ収集日の直前が最適です。調整できるならぜひ。


考えておくこと

「大掃除でこそ」着手したい掃除箇所の「優先順位」。大掃除イコール普段出来ない場所の掃除、と考えている人は多いはず。でも、普段出来ないということは、やらずに済む程度の場所ということ。大掃除とはいえ、家中全部はムリですしあまりメリットもありません。我が家の優先順位を考えて。


用意するもの

  • ゴミ袋類(多めに)
  • 古タオル類(毛羽が立つので切らずに使います。おすすめは、タオルハンカチやハンドタオルの草臥れたもの)
  • 各種洗剤類(おすすめは「重曹セスキ炭酸ソーダクエン酸消毒用エタノール」等のエコ掃除関連の品。多機能で安価)
  • 各種スポンジ、ブラシ類(おすすめは「メラミンスポンジ」「古歯ブラシ」)
  • フロアモップ類(いわゆる「クイックルワイパー」などの本体部分)
  • スクイージー(T字型水切り)
  • ティッシュペーパーかキッチンペーパー(非エコ、でもあれば便利)
  • はたき(PC用の静電気はたきでも可)
  • マスク、ゴム手袋(装着したほうが無難)
  • 掃除機
掃除の最中に「あれがない」「これもない」となると、せっかく高まったモチベーションも一気に低下します。メンタル面での盛り上がりを損ねないように、注意!

次から具体的な「大掃除の時間割」をレクチャーします >>