冷凍ご飯を上手に冷凍・解凍して、炊きたてご飯の味を再現!

冷凍したご飯を解凍→炊きたてご飯の再現に、電子レンジが大活躍!

冷凍したご飯を解凍→炊きたてご飯の再現に、電子レンジが大活躍!

毎日お米を研ぐのが大変……というときは、無理せず、まとめて炊いて、冷凍保存し、電子レンジで炊きたての味を再現しましょう! もちろん、ポイントをおさえることが肝心です。上手な冷凍保存のタイミング・仕方や、ラップでの包み方など、冷凍&解凍の仕方のポイントをお伝えします。
 

炊きたてご飯は「保温」「冷蔵」より「冷凍保存」がおいしい!

ご飯は、炊飯器や冷蔵室で保温するより、冷凍したほうがおいしく保存できます。

ご飯の老化が一番進む、つまり、味が落ちやすいのが、「ご飯自身の温度が2℃~3℃のとき」「水分含有量が30~60%のとき」。ご飯が老化すると、粘度が減少してパサパサになりますので、その状態になりやすい冷蔵庫はご飯の保存が苦手といえます。

また、炊飯ジャーの長時間保温も、ご飯が不味くなるモト。お米は長時間加熱するとでんぷん化しやすくなり、その結果、糊化した膜が内釜にはりついたり、色が黄色くなったり、臭いがついたりします。もちろん乾燥もすすみます!

これら炊き立てご飯の劣化を防ぐためには「急速冷凍で脱水状態にする」のがベストなのです。
 

ご飯の上手な冷凍保存のタイミング

ご飯のラップの包み方は「1膳分の量を平たくして包む」

ご飯のラップの包み方は「1膳分の量を平たくして包む」

炊きたてご飯の、上手な冷凍保存のコツは、おいしさを閉じ込めること、そして、解凍しやすい形にすることです。

・味が落ちる前にラップをする
炊けたら早いうちにラップで包むことで、保温による劣化を防ぎます。1膳分の量を平たくして包むと、冷凍も解凍もスムーズ。

・素早く中まで凍らせる
包んだご飯は、冷凍庫の他の食品を傷めないよう、あら熱がとれてから入れます。そのとき、アルミトレーやアルミホイルを敷いておくと、冷凍時間を短縮できます(金属トレーの中でも一番冷えやすいアルミ素材がおすすめ)。

"ひとり暮らしの楽しみ方"ガイド河野さんの記事「冷凍保存で美味しいひとりご飯」で、いろんな食材の上手なフリージングについて紹介されていますので、そちらもどうぞ。
 

ご飯の上手な解凍の仕方

ご飯の上手な解凍のコツは、温度や湿度の"老化危険ゾーン"を一気に&均一に、通過することです。

・凍ったまま、加熱する
電子レンジが一番得意なワザですね! 加熱のときにラップをするかどうかは、ご飯の柔らかさ(水分含有量)で判断します。「電子レンジで加熱するとべチャッとなってうまくいかない」という方は、ラップをはずして。柔らかめに炊いたご飯は特に、ラップ無しの方がおいしく仕上がります。

・加熱ムラをふせぐ
電子レンジの加熱ムラを防ぐためには、冷凍ご飯の下に割り箸2本で足を作っておいたり、すのこ付きレンジ容器を使ったりして、下からの加熱もうながします。ガイド記事「電子レンジの加熱ムラをなくす!」もご覧くださいね。

抜ける手は抜いて、押さえるコツはビシッと押さえて、明日も家族においしいご飯を食べさせてあげましょう!
 

【関連サイト】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。