台ふきんの雑巾臭を防ぐには?

台ふきん

きれいにするための台ふきんが、ちっともきれいではないというジレンマ。不快な雑巾臭、梅雨時は特に気になります。

日本ではどの家庭にもある、キッチンの台ふきん。濡らしたまま放置すると、雑菌が繁殖して臭くなってしまいがちです。特にじめじめ多湿の梅雨時は、テーブルを拭いたら、逆に雑巾臭がしてしまった、なんていうことも。とほほ。テーブルを拭くときは、ふきん全体を濡らしてしまうのではなく、スプレー容器に水やアルコールなどを入れたものを吹き付けながら、乾いたふきんで拭くというのも有効な方法です。

とはいえ、キッチンで調理中に使う台ふきんはどうしても濡れて汚くなりがち。湿ったまま畳んで放置せず、なるべく広げて乾かす。こまめに洗い、日光に当てるほか、すすぎの水に少量の酢を混ぜるのも手。結局のところ、「こまめ」なお手入れが必要なのは確かです。

<目次>  

台ふきんの代わりに活躍するセルローススポンジ

フランスのキッチン

小さくてコンパクトなキッチンが多いフランスの知恵は、日本でも使えるものがたくさん!

この台ふきん、ガイドが毎年訪れているフランスではほとんどみかけたことがありません。「テーブルを拭くふきんはどこ?」と聞いたときの答えが、タイトルの「使わないわよ、だって面倒だもの」。

大きな食洗機がついているアメリカの広いキッチンに比べ、石造りのアパルトマンなども多いフランスは、狭くてコンパクトなキッチンを上手に使う知恵が息づいています。ここでは「余計なものは置かない」のが鉄則。
 
セルローススポンジ

今回滞在していた家庭のシンク周り。生ゴミ入れの横によく絞ったセルローススポンジが直に置かれていました。これがおそうじに大活躍!

「お皿はお湯ですすげば乾く。ふきんを使えば洗濯物が増えるでしょう? カウンターやテーブルはスポンジがあれば全部OK。台ふきんなんて洗うのが面倒なだけ」。

言われて納得。台ふきんの代わりにスポンジを使ってみると、これが目ウロコでラクチンなのです。なーんだ、台ふきん使わなくてもぜんぜん大丈夫じゃん。もうこれで、台ふきんが臭う恐怖ともさようなら!

ただし、このスポンジにはちょっとした秘密があります。素材がセルロースのものを選ぶこと。ここがポイント。

 

セルローススポンジって何?特徴は

スコッチブライト

日本で手に入るセルローススポンジ各種

フランスのスーパーで売られているスポンジは、天然植物繊維を原料とするセルロース製のものが主流です。一方、日本では石油系原料から作られるポリウレタン製のものがほとんど。セルロース製のものは価格が高いこと、ポリウレタンより泡立ちが悪く、乾くと固くなることなどを理由に敬遠されがちです。

ところが、セルロース製のスポンジは、吸水力が抜群で、洗剤なしでも汚れを落とす効果が高いという特徴があり、耐久性もポリウレタンより長くて丈夫です。洗剤が少量でも長く持ち、耐久性がよく、使用後は土に帰るセルローススポンジを好むのは、いかにも質実剛健なフランス人らしい選択なのかもしれません。

日本ではスーパーや100均では探しにくいのですが、写真のように片側にナイロン素材がついたものが売られています。キッチン用品ではなく、洗車用品として売られているもののほうが多いので、大きめのものを購入してカットして使ってみるのも手。
 
セルロースクロス

クロスタイプのものは4つに切って使うと経済的で場所も取らない

クロスとして売られているものは、この大きさはキッチンでの置き場所に困るサイズであることも確か。ガイドは4分の1のサイズに切って、シンク周りやガス台の掃除に使っています。汚れてもすすげばすぐきれいになり、乾きも早いので衛生的。約20cm角が2枚入って480円でしたが、合計8枚のスポンジができると考えれば、1枚60円。上手に使えば1年以上持つはずです。

 

セルローススポンジの使い方

カウンターの水滴に

吸水性抜群なので、カウンターに飛び散った水滴や、調理の際の汚れなども一拭きですっきり!

ナイロン素材がついているスポンジなら、シンクのお掃除をこちらのサイドで行い、すすいだらよく絞り、セルロース部分で残った水滴を拭き取ります。絞りながら拭き取り続ければ、カウンターもシンクもすっきり。ポリウレタンのスポンジでは、拭き後が残ってうまくいきません。セルロースだからこその、得意技です。

カウンターに煮汁や粉類がこぼれてしまった時も、濡らしたセルローススポンジで拭き取り、水ですすぎます。よく絞ってまた拭き取り、すすぐ……を繰り返せば、短時間で汚れを処理できます。台ふきんとの大きな違いは、すすぎと絞りがラクに片手でできること! 
 
汚れも落とす

水栓まわりのお掃除にもぴったり。水滴を一気に吸収するだけでなく、洗剤なしで汚れもよく落とします。

毎日のお皿洗いが終わったあとも、蛇口周りやスポンジ置き場をセルローススポンジで拭き取り、最後はよくすすいで絞っておきます。布だと繊維にからみついた汚れが雑菌を繁殖させますが、セルロースは汚れも落ちやすいため、嫌な臭いを発することもありません。乾くと固くなるので、使うときは湿らせてからよく絞って使いましょう。



 

キッチン周りやテーブルも!セルローススポンジで台ふきんの代わりを

ガス台のお手入れに

ガス台のお手入れにもとても便利。すすぎがラクで乾きやすい。

フランスの家庭では、食事の後のテーブルもよく絞ったセルローススポンジで拭きます。また、床に落ちた汚れを拭き取るのも得意。飲み物やソースをこぼしたときにも、さっと拭き取り、水ですすぎながらぞうきんがわりに使います。
ヨーロッパの映画で、大きなスポンジをバケツで絞りながら床掃除をしている場面を見たことがありませんか? あれはセルロースのスポンジだからこそ、できる技だったんですね。

お皿洗いには、安くて泡立ちがよいポリウレタンが好き! という人も、シンク周りのお掃除&台ふきんがわりにセルローススポンジをひとつ常備して、活用してみてください。思った以上に使い勝手がよく、衛生的と思えるはず。上手に使えるようになったら、台ふきんはもうリストラしても大丈夫。キッチンのシンクまわりがすっきりして、手間も減りますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。