台ふきんの雑巾臭を防ぐには?

台ふきん

きれいにするための台ふきんが、ちっともきれいではないというジレンマ。不快な雑巾臭、梅雨時は特に気になります。

日本ではどの家庭にもある、キッチンの台ふきん。濡らしたまま放置すると、雑菌が繁殖して臭くなってしまいがちです。特にじめじめ多湿の梅雨時は、テーブルを拭いたら、逆に雑巾臭がしてしまった、なんていうことも。とほほ。テーブルを拭くときは、ふきん全体を濡らしてしまうのではなく、スプレー容器に水やアルコールなどを入れたものを吹き付けながら、乾いたふきんで拭くというのも有効な方法です。

とはいえ、キッチンで調理中に使う台ふきんはどうしても濡れて汚くなりがち。湿ったまま畳んで放置せず、なるべく広げて乾かす。こまめに洗い、日光に当てるほか、すすぎの水に少量の酢を混ぜるのも手。結局のところ、「こまめ」なお手入れが必要なのは確かです。


“台ふきん? 使わないわよ、だって面倒だもの”

フランスのキッチン

小さくてコンパクトなキッチンが多いフランスの知恵は、日本でも使えるものがたくさん!

この台ふきん、ガイドが毎年訪れているフランスではほとんどみかけたことがありません。「テーブルを拭くふきんはどこ?」と聞いたときの答えが、タイトルの「使わないわよ、だって面倒だもの」。

大きな食洗機がついているアメリカの広いキッチンに比べ、石造りのアパルトマンなども多いフランスは、狭くてコンパクトなキッチンを上手に使う知恵が息づいています。ここでは「余計なものは置かない」のが鉄則。

セルローススポンジ

今回滞在していた家庭のシンク周り。生ゴミ入れの横によく絞ったセルローススポンジが直に置かれていました。これがおそうじに大活躍!

「お皿はお湯ですすげば乾く。ふきんを使えば洗濯物が増えるでしょう? カウンターやテーブルはスポンジがあれば全部OK。台ふきんなんて洗うのが面倒なだけ」。

言われて納得。台ふきんの代わりにスポンジを使ってみると、これが目ウロコでラクチンなのです。なーんだ、台ふきん使わなくてもぜんぜん大丈夫じゃん。もうこれで、台ふきんが臭う恐怖ともさようなら!

ただし、このスポンジにはちょっとした秘密があります。素材がセルロースのものを選ぶこと。ここがポイント。詳しい使い方は次のページで!!