モッフルとは? お餅で作る、ニッポンのワッフル

周囲はさっくり、中はふんわりして、少しもちっとした感触。普通のお餅のようにビヨーンと延びたりはしないけれど、その分、喉に詰まるような感じはなく、スナックのようで、とても食べやすい。それがモッフルをはじめて食べたときの私の感想です。

名前ですでに想像がつく方も多いと思いますが、「餅+ワッフル」でモッフル。作り方は、その名のとおり、お餅をワッフルメーカーで焼くだけなのですが、これが実に意外なおいしさです。
   

モッフルのレシピ・作り方/アレンジレシピ

モッフルを焼く

モッフルを焼く


ワッフルメーカーにお餅を載せて、フタを閉じます。最初は餅が固くて閉じられず、隙間が開いてしまいますが、餅がだんだんやわらかくなってきますので、そうしたらフタがロックされるまで閉めます
あとは数分焼くだけ、不思議な食感のお餅ができあがります。
 
モッフルの焼きあがり
簡単に作れます
左の写真はお餅一個を使ったものですが、私の持っているワッフルメーカーでは、ひとつのモッフルにお餅を二個ずつ使うと、ワッフル型全体に納まる四角いモッフルができあがります。
 
モッフルの焼きあがり(餅二個使用)
餅二個を並べて使うと、ボリューム満点の四角いものができる
このモッフル、もとはお米ですから、醤油、砂糖醤油、バター醤油、アンコなどに合うのはもちろんのこと、ご飯に合うものにはすべて合います。

モッフルを生み出したメーカーは、トッピングとして、明太子、イカの塩辛、納豆、豚の角煮、ハムチーズ、うなぎ、天ぷら、ドライフルーツ、アイスクリームなどを提案していますから、モッフルは実に懐の深い食べ物なわけです。

加えて二つのモッフルの間に具を挟めば、モッフルバーガーもできそう。しかしかなりボリューミーです。メーカーが提案しているのは、薄いしゃぶしゃぶもちの間にチーズやチョコを挟んでから焼いた、モッフルのホットサンド。これは確かにうまそうです。
 
明太子モッフル アイスモッフル
しゃぶしゃぶ餅で明太子を挟んだモッフル アイスクリームを載せたモッフル

また、周囲がパリッとしているので、スープなどの汁ものに入れてもおいしいです。それから、玄米餅やよもぎ餅、大豆などの入ったお餅などをモッフルにしてもおいしそうですね。
 

モッフルはこうして誕生した!

モッフルメーカー
二個用モッフルメーカー MME-200 一個用も12月に発売予定 三栄コーポレーション
さて、このモッフル誕生の経緯ですが、ビタントニオのワッフルメーカーを展開する三栄コーポレーションのスタッフが、実演販売をしていたところ、お客さんの一人が、

「餅でも焼ければ幅が広がるんだけど」

とひとこと言ったのがそもそもの始まり。その言葉を聞いたスタッフが、あとで試しに餅を焼いてみたそうです。

焼き始めは餅が厚くフタもしまらないのですが、すぐに餅はやわらかくなり、そこでフタを閉めて、しばし焼くと、ふわふわでサクサク、これまでにない食感の焼き餅ができあがてしまったのです。
その後、卸し向け展示会で提供すると実に2日間で1600食が出る人気ぶり。

老若男女問わず、多くの人が絶賛するので、ついには左上の写真のような、モッフル専用のモッフル・メーカーまで開発してしまったそうです。

モッフルメーカーは、餅がいっそうふわふわサクサクに仕上がるよう、設定温度が高めで、また、フタが下のプレートと平行に開くようになっていて、熱が均一に入るそうです。型の形状もちょっと違い、餅のイメージで丸型模様の押し型になってます(前頁の明太子とアイスのモッフルはモッフルメーカーで焼いたもの。形が違うのがお分かりでしょうか)。

個人的に、特にこのモッフル、いいなぁ、と思った点があります。まず第一に餅が失敗なく焼けること、実は私、トースターなどでお餅を焼くの結構苦手なのですが、これなら大丈夫です。第二には、その形状のせいか、子供がとても喜ぶということ。

そしてもう一つ、ワッフルやホットサンドメーカーって、一時期は熱心に使っても、そのうちタンスの肥やしになってしまうことってありませんか。うちの実家はそんな感じで、何年もしまいこまれて、ときどき再登場して、その後何ヶ月かまた活躍する、ということの繰り返しでした。でも、毎年正月に餅を焼くためにこれを出せば、少なくとも何年もしまいこまれることはないなぁと(笑)。いやいや、すいません。そんなネガティブなことを書いてはいけませんね。

実際、モッフルは相当使えると思いますよ。確かにワッフルメーカーの使い道の幅がひろがります。

皆さんも、モッフルを試してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。