ビジネスで要注意!カタカナ英語のワナ

日本語としても普通に使われるカタカナ英語。既に日本語の一部として使っているだけに、よく分かっていると思って使うと時に、意味や音が間違っていることがあります。今回は、音が間違っている場合を取り上げましょう!

アタッシュケースは間違い?

カタカナ英語
カタカナ英語にご用心!
ビジネスパーソンの必須アイテムのひとつ、「アタッシュケース」。既に日本語の一部として日常的に使われていますが、実は、これが間違いなのです!

アタッシュケースは、本来は、フランス語であり、"attache case"です。しかも発音が、フランス語のつづりどおり、「アタッシェ」と発音するのが、正式な呼び名なのです。*通常フランス語のアクセント記号、アクサンテギュが、"e"の上には、つきます。"cliche"の"e"も同じです。

フランス語のつづり"che"の部分は、"cliche"などでも分かるように英語でも「シェ」「クリシェ」「アタッシェ」と発音すると覚えておきましょう!「アタッシェ・ケース」が正しいのです。

リラクゼーションは間違い!?

変化の激しい国際ビジネスの現場でこそ、「忙中閑あり」、リラックスすることが必要です。ストレス社会を反映してか、商品のキャッチとしても使われることがしばしばです。

このリラクゼーションは、微妙にまちがっているのをご存知でしょうか?正確には、"relaxation"、「リラクセーション」と清音ばかりの発音となります。

エキシビジョンはどうなの?

国際展示会なども、ビジネスシーンでは欠かせないものですが、この「展示会」に相当する英語、"exhibition"は、どうでしょうか?「エキシビジョン」のように、"tion"が、「ジョン」と濁音化しているケースが時に見られます。これは、正確には、「エキシビション」となります。これは、日本語の「連濁」という現象で説明がつく間違いで、先に"bi"「ビ」という濁音があるために、そのあとに続く"tion"が、吊られて濁音化してしまっているのです。

英語の本来のつづりをしっかりと頭に入れておくことが大切であるといえます。

>>ビジネスでよく使う間違いやすいカタカナ英語。まだまだあります!>>