「はるかに、ずっと」を意味するway

「はるかに、ずっと」を意味するway

「はるかに、ずっと」を意味するway

way の意味には、「道、方法」などの教科書で習うような重要な意味がありますが、それ以外にも口語的によく使う意味があります。それが、「はるかに、ずっと」といった強調を意味する副詞的な使い方です。

たとえば、

It was way beyond my imagination.
(それは私の想像をはるかに超えていた)

は、way がなくても文章としては成り立ちますが、想像を「はるかに」超えていたというニュアンスを出すために way が挿入されています。また、

He was way behind the other runners.
(彼は他の走者からかなり遅れていた)

これも、たんに behind the other runners では、「他の走者から遅れていた」という意味にしかなりませんが、way を入れることで、相当遅れていることを表しています。

それでは実際の会話例を見て見ましょう。

これを x の関数として表して…  
出来た! すごーい!ママには全然わからないわ。めちゃくちゃ難しいんだもの
でも、こんなこと無意味かも… どうしたのよ
私にはパパの血が流れてるでしょ。将来が心配なの。 大丈夫よ。ママの血も流れてるから。
(それも心配なのよ)  
全部英語にする>>

【関連記事】