国際電話のかけ方の基本

国際電話のかけ方,国際電話,かけ方,海外,電話,掛け方,国番号,国際アクセス番号

国際電話のかけ方


海外に電話をかけるには、次の3つの番号をあらかじめ知っている必要があります。
 
  1. 国際アクセス番号
  2. 相手の国番号
  3. 相手の国内での電話番号

これらの番号を順に押していけば、海外に電話がつながります。
 

国際電話のかけ方:国際アクセス番号

まず国際アクセス番号は、これからかける電話が国際電話であることを知らせる番号です。どのサービスを使って国際電話をかけるかによって、この番号は異なります。代表的なサービス会社は以下の通りですが、その他の場合については利用サービスのホームページなどで確認しましょう。

固定電話からかける場合
  • NTT:0033-010
  • KDDI:001-010
  • フレッツ(IP電話):010

携帯電話からかける場合
  • NTT:010
  • au:001-010
  • softbank:010

プリペイドカード
  • カードに記載の番号
一般に携帯電話よりはアナログ固定電話、さらにはIP電話やプリペイドカードを使った国際電話の方が通話料が安いので、あらかじめ料金を確認してお得なサービスを選ぶと良いでしょう。
 

国際電話のかけ方:国番号

国際アクセス番号に続いて国番号(country code)を押すことで、どの国に電話をかけるかを指定します。いくつかの国については以下の通りですが、その他の国番号は主要電話会社のホームページ等に掲載されています。
 
  • アメリカ:1
  • イギリス:44
  • フランス:33
  • ドイツ:49
  • 韓国:82
  • 中国:86
  • 台湾:886
  • オーストラリア:61
  • (日本:81)
 

国際電話のかけ方:相手の電話番号

相手の電話番号は市外局番からすべて必要です。重要な点は、(一部の例外を除いて)先頭に0がある場合は、それを削除するということです。
 

国際電話の番号例

それでは例として、イギリス国内の

0123-456-7890

という番号にNTTの固定電話を使ってかける場合を考えましょう。このとき最初にご紹介した3つの番号はそれぞれ以下のようになります。
 
  • 国際アクセス番号:0033-010
  • 相手の国番号:44
  • 相手の国内での電話番号:123-456-7890

相手国内の電話番号から先頭の0を除いていることに注意しましょう。これらの番号を続けて

0033-010-44-123-456-7890

とすることで、国際電話をかけることができます。
 

「+」から始まる電話番号

電話番号の表記が「+」で始まっていることがあります。この場合、「+」につながっている部分は国番号を表します。たとえば

+1-234-56-7890

と書かれているとき、国番号が「1」すなわちアメリカであることを意味し、それに続く数字はアメリカ国内の電話番号を表しています(市外局番の先頭に0がついていても、それはあらかじめ除いてあります)。したがってこの番号に国際電話をかけるときは、国際アクセス番号に続いて1-234-56-7890を押せばよいということになります。

また、相手に自分の電話番号を知らせるときに+81(日本の国番号)をつけて教えてあげれば、相手は日本の国番号を調べる手間を省くことができます

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。