勉強
「ㄷ不規則用言」を楽しく勉強してみましょう!
アンニョンハセヨ? 韓国語の「不規則用言」シリーズ。「ㄹ(リウル)不規則」「ㅂ(ピウp)不規則」に続き、今回は「ㄷ(ティグッ)不規則」用言をお届けしたいと思います。習うより慣れろ、の精神で、早速見てみましょう!

【INDEX】
・「ㄷ不規則用言」の代表的な単語とその活用
・「ㄷ不規則用言」は、こんなときに変化する
・「ㄷ語幹」でも規則的に変化する用言
・「ㄷ不規則用言」の練習問題

「ㄷ不規則用言」の代表的な単語とその活用

「ㄷ不規則用言」は、一般的に「ㄷ(ティグッ)不規則」と言います。早速、その代表的な単語を挙げてみます。

・듣다(トゥッタ/聞く)
・걷다(コッタ/歩く)
・묻다(ムッタ/尋ねる
・싣다(シッタ/積む)
・깨닫다(ケダッタ/悟る)

などがあります。以上は、語幹(ごかん。語尾の「다」を取ったもの)が「ㄷ」パッチムである、という共通点がありますね。これらの用言が、どんなときに、どんな風に変化するのでしょうか。こんな規則があります。

語幹が「ㄷ」で終わる用言の中には、後ろに母音語幹が来ると、「ㄷ」が「ㄹ」に変わった後、語尾が付くものがあります

例を挙げてみましょう。「듣다」の後に「-(으)니까(~ので)」が来るとしましょう。「듣」+「(←母音語幹)니까」→「」+「으니까」→「들으니까」となります。もうひとつ例を挙げますね。「듣다」の後に「-아/어요(~です)」が来るとしましょう。「듣」+「요」→「」+「어요」→「들어요」となります。

それでは、よく出てくる活用表現について、次ページで見てみましょう!