勉強
韓国語の不規則用言は、繰り返し練習をするのみ!

アンニョンハセヨ? 韓国語の「不規則用言」シリーズ。前回の「ㄹ(リウル)不規則」に続き、今回は「ㅂ(ピウッ)不規則」用言をお届けしたいと思います。不規則用言はとにかく慣れることが肝心。早速見てみましょう!

【INDEX】
・「ㅂ不規則用言」の代表的な単語とその活用
「ㅂ不規則用言」は、こんなときに変化する
「돕다」と「곱다」に注意!
・「입다」「잡다」などは規則的に変化します
「ㅂ不規則用言」の練習問題

「ㅂ不規則用言」の代表的な単語とその活用

「ㅂ不規則用言」は、一般的に「ㅂ(ピウッ)不規則」と言います。早速、その代表的な単語を挙げてみます。

・어렵다(オリョプタ/難しい)
・쉽다(スィプタ/易しい)
・덥다(トプタ/暑い)
・춥다(チュプタ/寒い)
・뜨겁다(トゥゴプタ/熱い)
・차갑다(チャガプタ/冷たい)
・무겁다(ムゴプタ/重い)
・가볍다(カビョプタ/軽い)
・맵다(メプタ/辛い)
・싱겁다(シンゴプタ/味が薄い、味気ない)
・가깝다(カカプタ/近い) 
・어둡다(オドゥプタ/暗い) 
・귀엽다(クィヨプタ/かわいらしい) 
・굽다(クプタ/焼く) 

などがあります。割と頻繁に出てくる単語ばかりなので、ご存じの方も多いかも知れませんね。以上は、語幹(ごかん、と読みます。語尾の「다」を取ったもの)が「ㅂ」パッチムである、という共通点がありますね。これらの用言が、どんなときに、どんな風に変化するのでしょうか。こんな規則があります。

語幹が「ㅂ」で終わる用言のほとんどは、後ろに母音語幹が来ると、「ㅂ」が「우」に変わった後、語尾が付きます

例を挙げてみましょう。「어렵다」の後に「-(으)니까(~ので)」が来るとしましょう。「어렵」+「(←母音語幹)니까」→「어려우」+「(으)니까」→「어려우니까」となります。もうひとつ例を挙げますね。「어렵다」の後に「-아/어요(~です)」が来るとしましょう。「어렵」+「요」→「어려우」+「어요」→「어려우어요→어려워요」となります。そう、「한국어 어려워요(ハングゴ オリョウォヨ~/韓国語難しいです~)」の、あの「オリョウォヨ」ですね!

それでは、よく出てくる活用表現について、次ページで見てみましょう!