さぁ、いよいよ2008年度がスタートしましたね! 各種資格・検定の2008年度スケジュールや、今年度新登場となる新検定の情報などが続々と入ってくる季節です。新資格・新検定の情報については「資格ニューカマーズ!」コーナーにて随時ご紹介しておりますが、今回は「2008年度の資格事情チェック!」と題しまして、2008年度にリニューアル・制度変更等のある資格・検定の情報をお送りしたいと思いまっす。

「司法試験」「公認会計士試験」「行政書士試験」などの大型国家資格の制度改正が一斉に行われた2006年度、そしてプチ検定・資格ブームに全国が沸いた2007年度に続き、2008年度にはいったいどんな一大ムーブメントが巻き起こるのか、非常に楽しみなところではあります。それではさっそくひとつめのネタをご紹介してまいりましょう。

知的財産管理技能検定「知的財産検定」が国家資格に生まれ変わって……!?

知的財産管理技能検定公式サイト
受験資格など、面倒な点も増えた?
今年度の資格事情ニュースの中でもとりわけ話題性の高いのがこれでしょうか。すでにおとなりの「仕事に活かせる資格」ガイドサイトでも『7月にも新試験・知的財産検定が国家検定に』という記事が書かれていますし、あらためてここで紹介する必要もないのかなという気もしますが(笑)、2004年3月より実施されてきた「知的財産検定」が、国家資格「知的財産管理技能検定」として生まれ変わります! 2級・1級試験の受験に際して実務経験が必要とされるようになったり、旧検定の合格者は「特例講習」を受講することで資格認定されるようになったりするらしいです。ちょっとややこしい点もありますが、いろいろと要チェックですな。


>>2008年度、他にもこんなトコロが変わるよ! Check it out!!!>>