(旧)「情報処理活用能力検定(J検)」⇒(新)「情報検定(J検)」

情報検定(J検)公式サイト
思い切ったネーミングに感服
「J検」の略称で親しまれていた「情報処理活用能力検定」の正式名称が、2007年より「情報検定」となりましたー。あわせて、試験の体系自体がかなり大きく変わっているのですが、詳細については、この検定をご紹介している過去記事『難関国家資格取得のための、お得な回り道!?』もご参照いただければと思います。

情報なんたら検定っていう名称の検定試験は、探してみるとけっこう似たようなものがたくさん出てくるのですが、この「J検」はその中でもまあ比較的メジャーな部類に入るほうでしょうか。にしても、その名もズバリ「情報検定」とは、なかなか思い切ったネーミングに踏み切ったものですね。今後の展開に期待です。

(旧)「アートナビゲーター検定」⇒(新)「美術検定」

美術検定公式サイト
誰でも2級試験が受験可能になった
こちらも名称改定によって、非常にわかりやすい名称の検定へと変貌を遂げたケースですね。2003年にできた比較的新しい検定試験「アートナビゲーター検定」が、2007年より「美術検定」へとリニューアルを遂げました。

アートナビゲーター検定については、過去記事『資格を取って、合コンに行こう!』や『世界史は資格試験で学ぼう!』でもご紹介しておりましたが、名称変更に伴ってか、今までは3級を取得していないと2級試験を受験できなかったのが、2級試験の受験制限が撤廃されたようです。個人的には、せっかく3級を取得した意味が半減してしまってちょっと悲しいです(笑)。


ネタはまだまだある! 次のページへどうぞ→