近頃アロマテラピストとかアロマテラピーを扱ったドラマが見られるようになりましたが、アロマセラピストが主役の香港映画が登場!
その名も『ラベンダー(薫衣草)』。2000年クリスマス・シーズンに香港で公開され、大ヒットを記録したといいます。とうとう2003年日本でも公開決定!これはアロマセラピストとして見逃せませんっっ。


*******************

では、まずは映画の紹介から。。。
【メインキャスト】
金城武&ケリー・チャン

【ストーリー】
ケリー・チャン演じるアテナはアロマテラピーショップの経営者であり、講師。アロマセラピストとして店に訪れる客の求める香りを調合する術を知っているが、一方で自分自身が癒される香りには出会えずにいた。その香りとは、亡くなった彼の香り。そんな彼女に突然空から舞い降りたのは羽の折れた天使エンジェル(金城武)!!

恋人を失った喪失感から立ち直れずにいたアテナはエンジェルと一緒に暮らし始め、互いの存在によって”本当の愛”を知り、生きる力を回復していく。だが、そのときにはエンジェルの傷は癒えはじめていた。それは二人の別れが近づいてきたことを意味していた。。。


【アロマテラピー側面から観る!】
さぁ、この映画。一般的な見どころは色々とあるでしょうね。ケリー・チャンや金城武のファンをはじめ、香港のロケーションなどなど。見方は様々かもしれません。が、ここはひとつアロマテラピー的側面でみどころを検証してみましょう!

そのみどころとは!?次のPAGEへ続く!・・・