男の料理/イタリアン・洋食レシピ

密封ガラス瓶で作るパンナ・コッタ

パンナ・コッタは生クリームを煮込むことであの、独特のコクと味わいが出ます。ここでは、材料を、密封できるガラス瓶に入れ、ガラスジャーごと煮込んでしまう作り方をご紹介します。

土屋 敦

執筆者:土屋 敦

男の料理ガイド

密封ガラス瓶で作るパンナ・コッタ

カテゴリー:スイーツパンナコッタ

パンナ・コッタ

パンナ・コッタは生クリームを煮込むことであの、独特のコクと味わいが出ます。ここでは、材料を、密封できるガラス瓶(ここではWECK社の小さなガラスキャニスターを使いました)に入れ、ガラスジャーごと煮込んでしまう作り方をご紹介します。

こうするとガラス瓶の中はほぼ真空状態となり、風味が衰えずに長持ちします。どれくらいもつかは、真空の度合いや瓶の性能、季節、温度によって変わるので一概に言えませんが、数日以上はおいしく食べられます。
※長く保存する場合は、匂いや味をみて腐敗していないかどうか、しっかり確認してから食べてください。

パンナコッタの材料(6~8個分)

パンナ・コッタの材料
500cc
グラニュー糖675g
生クリーム200cc
牛乳200cc
てんさい糖30g
レモン(皮) 半個分
板ゼラチン4g (水につけてふやかしておく)
イチゴのシロップ漬けの材料
いちご15個程度
グラニュー糖675g
500cc

パンナコッタの作り方・手順

イチゴのシロップ漬けの作り方

1

水500ccを火にかけてグラニュー糖675gを加えて溶かし、冷めたらイチゴを入れてそのまま漬けておく

パンナ・コッタの作り方

2

鍋に生クリーム、牛乳、グラニュー糖、すりおろしたレモンの皮を入れて中火にかけ、温まったらゼラチンを加えて完全に溶かし、目の細かい網で漉して常温まで冷ます。
鍋に生クリーム、牛乳、グラニュー糖、すりおろしたレモンの皮を入れて中火にかけ、温まったらゼラチンを加えて完全に溶かし、目の細かい網で漉して常温まで冷ます。

3

ガラス瓶の8分目ぐらいまで1を入れる。またイチゴの半量程度をつぶしてピュレ状にしておく。
ガラス瓶の8分目ぐらいまで1を入れる。またイチゴの半量程度をつぶしてピュレ状にしておく。

4

ガラス瓶を密封し、沸騰したお湯が入った鍋の中に入れ、15分ほど煮て脱気する。このときお湯が瓶の5cmぐらい上までかぶるようにする。
ガラス瓶を密封し、沸騰したお湯が入った鍋の中に入れ、15分ほど煮て脱気する。このときお湯が瓶の5cmぐらい上までかぶるようにする。

5

脱気できたら、鍋から取り出して冷まし(アツアツの瓶を冷水に漬けるなどして急激に冷やすと瓶が割れるので注意する。最初は50℃ぐらいのお湯につけ、徐 々にぬるくしてゆき、瓶がある程度冷めてから水につけて冷やす)、冷蔵庫で半日ほど冷やす。上にイチゴのピュレとイチゴのシロップ漬を1~2個載せ、ス プーンで掬って食べる。
脱気できたら、鍋から取り出して冷まし(アツアツの瓶を冷水に漬けるなどして急激に冷やすと瓶が割れるので注意する。最初は50℃ぐらいのお湯につけ、徐 々にぬるくしてゆき、瓶がある程度冷めてから水につけて冷やす)、冷蔵庫で半日ほど冷やす。上にイチゴのピュレとイチゴのシロップ漬を1~2個載せ、ス プーンで掬って食べる。
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます