PR
ウイスキー&バー/初心者のためのウイスキー入門記事

ウイスキー入門者オススメ「ジムビームハイボール缶」

飲酒経験の浅い人たちから、どんなウイスキーを飲めばいいか、との質問をよくされる。入門ウイスキーは、なかなかに難しい。人それぞれに嗜好が違うし、どんな酒を試してみたか、にもよる。現時点では「ジムビームハイボール缶」をウイスキー入門者にはすすめている。いきなりブレンデッドだ、モルトだ、と突っ込まないで、飲み口がよく、気軽に楽しめるものから入ったほうがいい。

協力:サントリー
達磨 信

執筆者:達磨 信

ウイスキー&バーガイド

PR

恵まれている時代に何を選ぶか

 
ジムビームハイボール350ml缶

ジムビームハイボール350ml缶

 このサイトでウイスキーの味わいを当たり前のように伝えてきてはいるが、年齢を重ねていくほどに初めてウイスキーを口にしたときの衝撃を忘れがちである。
 美味しい、という感覚はまったくなかった。年長者たちはとんでもなく強烈な味わいのものを飲んでいるんだ、自分もこの味わいに馴染んでいくのだろうか、との想いであった。
 そんなわたしが酒の文章を書く仕事に就こうとは思いもよらなかったし、まさかウイスキーに携わろうとは。人生はほんとうに不思議なものだ。
 いま、コロナ禍で酒類業界は苦闘をつづけ、酒場に営業制限がかかる状況ながら、それでも飲み手側は恵まれている。家飲みでの酒類の選択肢はいっぱいある。わたしの若い頃とは隔世の感がある。
 1970年代後半、わたしが飲酒年齢に達した頃は「ほろよい」や「こだわり酒場のレモンサワー」といったRTDはなかった。もちろんウイスキーの水割り缶やハイボール缶なんぞ存在していなかった。
 リフレッシュするために軽快にグビっとやるのは缶ビールだけだった。1970年代に缶ビールの自動販売機が街に急増した。他には缶入りジントニックやジンフィズがあったくらいだ。
 かつては飲酒経験が浅い人もいきなりガツンとフルボトルの酒を手にするしかなかった訳で、ウイスキーの飲み方は水割り全盛であった。多彩な風味の低アルコールの缶や瓶を試しながら、少しずつウイスキーに馴染んでいけるような環境ではなかった。
 さらには酒類小売業の免許がいまのように緩和されていなくて、酒は酒販店(酒屋)で買うものであり、スーパーやコンビニで手軽にアルコールを購入するなんてことはあり得なかった。
 ウイスキーのポケット瓶(小瓶)にしても、いまのように飲み比べにどうぞ、といったアプローチではない。ポケット瓶は列車での旅のお供といった感覚だった。
 さてさて、恵まれたこの時代、ウイスキー入門者はまず何から飲みはじめたらいいのだろう。
 

しなやかな甘み、ソーダ水のキレ、レモンの風味が一体化

 
角ハイボール350ml缶

角ハイボール350ml缶

 いまオンとオフのスイッチ入れ替えのリフレッシュドリンクというだけでなく、飲酒経験年数の浅い人たちへのウイスキー入門としておすすめするのは「ジムビームハイボール缶」(350ml・5%・¥160希望小売価格/以下同)である。
 バーボンウイスキー世界販売数量No.1「ジムビーム」のバニラ様、香ばしいコーンのニュアンスを抱いたしなやかな甘みが、ソーダ水の切れ味、レモンのすっきりとした風味と一体化して爽快感にあふれている。
 またアルコール度数5%という優しさは、バーボンであるとか、ウイスキーであるとか、そんな堅苦しさから解放されたものである。カクテル的にレモンが加わるだけで、飲み口はかなり心地いい。早い話、無理がなく、とっつき易いのだ。
 ウイスキーを飲んでみよう、と身構えてしまう入門者の方たちには、まず「ジムビームハイボール缶」をすすめたい。そして次に「角ハイボール缶」(350ml・7%・¥189)を試してみるといい。レモンスピリッツで風味づけされた、爽快なノド越しを楽しんでいただきたい。実のところ、わたしはレモンピールの香りづけがされた「角ハイボール<濃いめ>缶」(350ml・9%・¥189)をリフレッシュドリンクとして時折飲んでいる。
角ハイボール<濃いめ>350ml缶

角ハイボール<濃いめ>350ml缶

 ここから居酒屋をはじめとした料飲店で「ビームハイボール」や「角ハイボール」を飲んでみるといい。また違った趣を感じ、そこから「ジムビーム」や「角瓶」をしっかりと味わっていただき、他のウイスキー、さらにはシングルモルトなどにも目を向けていただけるようになれば、と願う。
 そしてウイスキーの味わい方はハイボールだけではない。段階を経ながらさまざまな楽しみ方を体験していただきたい。
 まずは「ジムビームハイボール缶」を購入してみよう。
 

関連記事

おいしいハイボール/気分次第で異なる味わいを楽しむ
角ハイボール缶とウイスキー缶市場が急成長をつづける
細心に大胆に、リザーブ&ウォーター缶はとっておき
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。

あわせて読みたい

All About注目リンク

PR

ウイスキー&バー 人気記事ランキング

2024/02/29 更新
ランキング一覧
  1. 1ウイスキー・ソーダとハイボールの違い
  2. 2山崎蒸溜所100周年10/1937―1950までのサントリーウイスキー
  3. 3角瓶とともにおすすめの美味しいウイスキー
  4. 4ウイスキー「碧Ao」&「知多」ハーフボトル発売
  5. 5山崎蒸溜所100周年9/1929―1937までのサントリーウイスキー
協力:サントリー

カテゴリー一覧

All Aboutサービス・メディア

All About公式SNS
日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
公式SNS一覧
© All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます