モルト市場減少も販売数量が伸びた国も多い

 
 

 

 前回『ブレンデッドスコッチ国別販数量2020ランキング』につづいて、今回はスコッチのモルトウイスキー国別販売数量のランキングをお伝えしよう。
 まずブレンデッドウイスキーの数字と見比べると、モルトウイスキーの数字はかなり低いように思われるはずだ。ブレンデッドのシェアは90%以上であることをご承知おきいただきたい。
 さて、スコッチのモルトウイスキー全体では、新型コロナウイルス以前の2019年と比べると2020年は92%となり、市場は大幅に減少している。トップ10の国々のうち、7ヵ国が前年比増となっているのに、何故なのか。
 この記事ではあくまで国別ランキングとしているために、免税市場の数字を掲載していない。モルトスコッチの免税市場は2019年比35%(100万ケース超の減)という厳しい結果となった。ちなみに前回取り上げたブレンデッドスコッチの免税市場は2019年比23%であり、もっと悲惨な数字となってしまっている。
 国別トップ10の後に、免税市場の数字を掲載しているので参考にしていただきたい。
 日本はコロナ禍にあっても数字としては大きな変化がなかった。前回記事でのブレンデッドスコッチにおいては前年比106%と伸びているので、スコッチウイスキーは大健闘といえる。ただし新型コロナ禍で中国、オーストラリア、ロシアでの数字が大きく伸び、順位としては10位となっている。
 もうひとつ、台湾はスコッチのモルトウイスキーをよく飲む国、愛する国である。5大ウイスキー販売数量においては台湾16位、中国17位(日本2位)。ブレンデッドスコッチにおいては中国18位、台湾19位(日本9位)。ところがモルトスコッチとなると台湾は4位となり、日本の2倍以上もの数字となっている。
 前年比で大きく減少した国としては、15位イタリア69%、17位スペイン75%、18位南アフリカ76%などである。

【モルトスコッチ国別販売数量ランキング2020/Top10】
* IWSR(International Wine & Spirits Record)のデータより
* 数字はC/S(1ケース/750ml×12本換算)
* 単位/100ケース以下切り捨て
* 左より2019年→2020年、%は前年比
 
  1. アメリカ
    2,319,000 → 2,177,000 94%
  2. イギリス
    1,104,000 → 1,152,000  104%
  3. フランス
    977,000 → 1,019,000  104%
  4. 台湾
    831,000 → 794,000  96%
  5. ドイツ
    442,000 → 478,000  108%
  6. 中国
    313,000 → 386,000  123%
  7. カナダ
    357,000 → 383,000  107%
  8. オーストラリア
    281,000 → 350,000  124%
  9. ロシア
    274,000 → 341,000  124%
  10. 日本
    330,000 → 330,000  100%

【免税市場販売数量】
モルトスコッチ
1,594,000 → 558,000  35%
ブレンデッドスコッチ
6,168,000 → 1,415,000  23%
 

関連記事

ブレンデッドスコッチ国別販売数量2020ランキング
5大ウイスキー国別販売数量ランキング/最新2020
ウイスキーボトルに見る英国ガロンと米国ガロンの違い
ウイスキーボトルに700mlと750mlの何故?
オーバープルーフ、ネイビーストレングスとは何だろう
アメリカンプルーフとブリティッシュプルーフの違い
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。