キャラメルアップルのミニクリームケーキ

所要時間:60分

カテゴリー:スイーツケーキ

 

キャラメルアップルのミニクリームケーキ

しっとりとしたケーキの間に、今が旬のリンゴをはさんでいます。この「キャラメルアップル」は、口の中でキャラメルの甘さと、リンゴの風味が広がる一品です。多めに作っておけば、アイスクリーム、ヨーグルト、クラッカーなどにつけてもおいしいので、リンゴが余ったときに作ることをおすすめしています(※ 今回は「陽光」というリンゴを使いました。)

あまりなじみのない品種かもしれませんが、群馬県生まれのリンゴが「陽光」です。 赤い皮は、熟すほど鮮やかな赤みを帯び、適度な歯ごたえがあります。また、甘みと酸味のバランスがよく、果汁がたっぷりな上に、濃厚な味わいがします。限られた量しか出回らない、貴重な品種と言えるリンゴです。 似た食味を持つリンゴに、ジョナゴールドや千秋があり、果肉がしっかりしているので、キャラメルアップルを作るのに、おすすめです。 それでは、キャラメルアップルのミニクリームケーキを作りましょう。

キャラメルアップルのミニクリームケーキの材料(10個分

ケーキ生地の材料
薄力粉 60g
グラニュー糖 50g
卵白 2個
卵黄 2個
キャラメルアップルの材料
りんご 1/4個 (品種問わず)
バター 10g
グラニュー糖 大さじ2
生クリーム 大さじ1
アーモンド 10g
クリームの材料
生クリーム 100cc
グラニュー糖 大さじ1

キャラメルアップルのミニクリームケーキの作り方・手順

準備

1:

薄力粉はふるっておきます。アーモンドは細かく刻んでおきます。オーブンは180度に温めておきます。

クリームケーキ の作り方

2:

ボールに卵白をほぐし、グラニュー糖を少しずつ加えながら、泡立て器で混ぜ、しっかりとした、つやのあるメレンゲを作ります。メレンゲは、すくい取ったとき、落ちないくらいの固さが目安です。

3:

溶いた卵黄を加え、泡立て器でサッと混ぜます。 薄力粉を加え、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで、サックリと混ぜ合わせます。

4:

クッキングシートを引いた天板に、3の生地を絞り出します。直径は5cmくらいになるようにして、山を盛るようにして絞り出します。

180度のオーブンで15分~20分焼きます。焼きあがった生地は、よく冷まします(オーブンによって、焼き上がりに差が出ます)。

5:

リンゴよく洗い、皮をつけたまま、小さく、薄い、いちょう切りにします。

小鍋にバターと砂糖を入れ、中火にかけ、砂糖を溶かします。砂糖が溶け、ふちが薄いキャラメル色になったところで、生クリーム、リンゴを加え、キャラメルをからませます。これもよく冷まします。 キャラメルアップルは、よく冷まさないと、クリームが溶けてしまうので、十分に冷ましてから、はさんでください

6:

生クリームにグラニュー糖を加え、クリームを作ります。

4のケーキを半分に切り、クリーム、キャラメルアップル、刻みアーモンド、キャラメルの液体、クリームの順にはさんで、できあがりです。


ガイドのワンポイントアドバイス

キャラメルは、バターと砂糖を溶かし、鍋を振らずにそのままにしておきます。しばらくすると、一気にキャラメル色が濃くなってきますので、色づいてきたな、と思ったら、生クリームを加えてください。リンゴは熱々のキャラメルに加えて、からませるだけでよいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。