10分でできる簡単レシピ! 仕事終わりでも美味しい晩ごはん

仕事終わりで疲れた夜の簡単晩ごはん

仕事終わりで疲れた夜の簡単晩ごはん

仕事が遅くなった日も、疲れて動きたくないときも、帰宅後10分で作れるレシピなら簡単に美味しい晩ごはんにありつけます! 基本のレシピを押さえれば、冷蔵庫に残っている食材や自分好みの調味料でアレンジして、お腹も心も大満足なお気に入りの一品に。優しい味わいのリゾット風雑炊や香ばしいお茶漬けなど、疲れた身体にほっと染みるおうちごはんで、コンビニに寄る回数も減るはず!
   

リゾット風きのこミルク雑炊

10分ごはんレシピ リゾット風きのこミルク雑炊

リゾット風きのこミルク雑炊(出典:簡単10分レシピ リゾット風きのこミルク雑炊

包丁も使わない、とことん手軽な10分レシピ! きのこをバターでしっかり炒めて旨みを引き出すことが美味しさの秘訣です。牛乳を使った雑炊はリゾットのような優しい味わいで、食べる直前にチーズやスパイス、オリーブオイルなどを振りかけたアレンジを加えても。遅い時間の食事でカロリーを抑えたいという人は、ごはん少なめ、きのこたっぷりにすれば、ダイエット中でも安心です。牛乳の代わりにまろやかな豆乳もおすすめです。

【作り方】2人分
  1. しめじ、まいたけなどお好みのきのこ1パック分を手で裂く
  2. 鍋にバター小さじ1を入れ、中火できのこをしっかり炒める。塩小さじ1/4、こしょう少々を振る
  3. 牛乳1カップ(200ml、好みで豆乳でもOK)、水1/2カップ(100ml)を加えて沸騰させる
  4. ごはん(茶碗1~1杯半分、冷やごはんを使う場合はレンジで温める)を加えて、混ぜたら、とろみがつくまで煮る。味を見て、塩小さじ1/4ぐらい、こしょう少々で調えて、完成。でき上がりにチーズ、オリーブオイル、こしょう、パセリのみじん切りなどを振りかける。チーズが入ると、よりリゾット風に
 

もやし鍋とピリ辛香味だれ

10分ごはんレシピ もやし鍋とピリ辛香味だれ

もやし鍋とピリ辛香味だれ(出典:安くて旨い!もやし鍋とピリ辛香味だれ

簡単に作れて、寒い夜にも温まるひとり鍋レシピです。節約したいときに嬉しい、栄養豊富でボリュームのあるもやしをメインに、冷蔵庫に残っている肉、魚、野菜を組み合わせて栄養も旨みもアップさせましょう。つけだれは、市販のポン酢やゴマだれも合います。食べ終わったら、残っただし汁に中華麺で〆がおすすめ!

【作り方】1人分
  1. 土鍋にもやし1/2袋を敷きつめ、その上に食べやすい大きさに切った豚バラ肉80gを並べる
  2. 鶏ガラスープの素小さじ2を水100mlで溶き、酒50mlと一緒に土鍋に加えて、フタをする。豚バラ肉に火が通るまで、弱火でじっくりと蒸し煮する
  3. 器にみじん切りにしたニンニク1/2片、生姜1/2片、長ねぎ3cm分、豆板醤少々、ねり白ゴマ大さじ1/2、醤油大さじ1、ごま油大さじ1/2をすべて混ぜ合わせておく
  4. 肉に火が通ったら、完成。つけだれは濃いめなので、鍋のだし汁を加えて好みの薄さに調節する
 

豆腐のきのこあんかけのレシピ

10分ごはんレシピ 豆腐のきのこあんかけのレシピ

豆腐のきのこあんかけのレシピ(出典:豆腐のきのこあんかけのレシピ……めんつゆで簡単! 木綿豆腐で◎

カリッと焼いた豆腐ときのこたっぷりのあんかけで、ボリュームがあるのにヘルシーな一品。味付けは市販のめんつゆを使うので簡単! 時間がないときは、切っただけの豆腐にきのこあんをかけても美味しいですが、ひと手間かけて焼き上げた香ばしい木綿豆腐は食べ応えも充分。きのこあんは、急いでいない時には鱈や鮭などの白身魚やハンバーグのソースとしても使える優れモノです。

【作り方】2人分
  1. 木綿豆腐1丁を半分の厚さに切り、さらにひと口大より大きめに切ってキッチンペーパーに包み、電子レンジで2分ほど加熱して水切りする
  2. 水切りをした豆腐に塩こしょう少々を振り、小麦粉適量をまぶす。フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、豆腐を入れて両面を焼く。
  3. 豆腐を焼いている間に、きのこの石づきをとる。しめじ1/2袋はバラバラにほぐし、しいたけ3枚は細切り、えのき1/2袋は長さを半分にしたあと、バラバラにほぐす。
  4. 豆腐にこんがりとした焼き色がついたら、お皿に取り出し、同じフライパンにごま油小さじ1とおろし生姜1/2片分を入れて熱し、香りが立ったらきのこを炒める。きのこがしんなりとしてきたら、めんつゆ(3倍濃縮)100mlと水200mlを加えてひと煮立ちさせ、片栗粉小さじ2を水小さじ4で溶いた水溶き片栗粉でとろみをつける
  5. 豆腐の上にあんをかけ、あさつきを散らして、完成
 

焼きおにぎりのウーロン茶漬け

10分ごはんレシピ 焼きおにぎりのウーロン茶漬け

焼きおにぎりのウーロン茶漬け(出典:香ばしすぎる、焼きおにぎりのウーロン茶漬け

香ばしく醤油で焼いた焼きおにぎりにウーロン茶の香ばしさが加わって、一度食べたらやみつきになるお茶漬けです。梅干しとネギはなくても美味しくいただけますが、塩昆布は必須! ウーロン茶は、はじめからなみなみと注がずに、おにぎりの2/3ぐらいまで注いで香ばしさを存分に味わいます。焼きおにぎりの中に鮭やおかかなどの具を詰めれば、さらに美味しさが増します。時間がないときは、市販の冷凍焼きおにぎりを利用するのもおすすめ。

【作り方】2人分
  1. ごはん250gに、ごま小さじ1(白ごまでも黒ごまでもOK)と醤油小さじ1.5を混ぜる。2等分にしておにぎりを握る
  2. オーブントースター(グリルや焼き網でも)で、おにぎりの表面をパリッと焼く
  3. 平皿に醤油を入れて、おにぎりの両面にサッと醤油をつけてもう一度焼く。焦げると苦くなるので焼きすぎないように注意
  4. お茶碗2つに焼きおにぎりを1個ずつ入れ、刻んだ塩昆布をひとつまみずつ、わさび、刻みねぎ少々をのせる。熱々のウーロン茶をそれぞれ150mlほど、上からではなくおにぎりの周囲から注ぎ入れる。好みで刻んだ梅干しをトッピングして、完成

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。