豚しゃぶレシピ、4つの味付け! 豚しゃぶのレパートリーを増やそう

豚しゃぶレシピ、味付け4つ

豚しゃぶレシピ、味付け4つ

簡単な調理方法の豚しゃぶ。味付けのレパートリーを増やして、もっと豚しゃぶを楽しみましょう! 今回は、ポン酢・梅ダレ・味噌ダレ・ごま油の4種類の豚しゃぶをご紹介します。さっぱり食べたい時、こってりさせてご飯のお供にしたい時など、その日の気分に合わせて味付けを選んでみてくださいね!
 

ポン酢で作る、豚しゃぶと野菜のサラダ

ポン酢で作る、豚しゃぶと野菜のサラダ

ポン酢で作る、豚しゃぶと野菜のサラダ(出典:包丁いらずで簡単!豚しゃぶと野菜のサラダの作り方

さっぱり食べたい時におすすめのポン酢。使う材料は、洗ってそのまま食べられるものばかりなので、包丁いらずでとってもお手軽! 豚肉は茹でる前に醤油を揉み込んでおくことで、香ばしい味わいに仕上がります。このほかにも、オクラやもやし、ツナ缶などを合わせても美味しくいただけますよ。

【作り方】2人分
  1. 豚肉200gに醤油小さじ1を揉み込んでから茹で、ザルにあげて水気を切る
  2. エクストラバージンオリーブオイル大さじ1、ポン酢小さじ5、こしょうを混ぜる
  3. ベビーリーフ、ミニトマト、ブロッコリースーパースプラウトを洗って水気を切ってから器に盛り、豚肉をのせ、ミックスナッツを散らす
  4. 【2】をかけて完成
 

梅ダレで作る、豚しゃぶサラダ

梅ダレで作る、豚しゃぶサラダ

梅ダレで作る、豚しゃぶサラダ(出典:豚しゃぶの美味しい献立レシピ!梅ダレの豚しゃぶサラダの作り方

梅干しの酸味が爽やかでクセになる、梅ダレの豚しゃぶサラダ。食欲が落ちている時にもさっぱり食べられる味です。今回紹介する梅ダレは、サラダだけでなく、冷たい麺やお刺身のつけだれにしても美味しく活用できます。梅の食感をよくするためにも、食べる直前にタレをかけるのがおすすめ!

【作り方】2人分
  1. 豚バラ肉を1枚ずつ剥がし、30秒ほど茹でたらザルにあげて粗熱を取る
  2. 種を取って果肉を叩いた梅、水大さじ2、めんつゆ大さじ2/3、みりん小さじ1、ごま油小さじ1/2、砂糖小さじ1/3、ニンニクおろし1g、煎り白ごま1gを器に入れて混ぜ合わせる
  3. 皿に、サニーレタス、水戻ししたわかめ、豚ばら肉をのせ、【2】をかけて完成
 

味噌ダレ(サムジャン)で作る、ピリ辛豚しゃぶ

サムジャンで作る、ピリ辛豚しゃぶ

サムジャンで作る、ピリ辛豚しゃぶ(出典:サムジャンでピリ辛豚しゃぶ

味噌とコチュジャンをベースにしたサムジャンソースでいただく豚しゃぶ。ピリ辛でこってりした味わいは食欲増進効果あり! ご飯のお供にもなる、濃い味が魅力です。塩もみしてレモン汁で風味をつけた付け合わせの野菜サラダと交互に食べるのがおすすめ。サムジャンソースは他の料理にも使えるので、多めに作り置きしておきましょう。

【作り方】2人分
  1. 青ネギの先としょうがを入れた湯で豚肉を茹でる。茹で上がったらザルにあげ、茹で汁を少し取り分けておく
  2. ボウルに味噌大さじ3、コチュジャン大さじ3、酢小さじ3、はちみつ大さじ1、ごま油小さじ2、みじん切りにしたネギ1本分、おろしニンニク小さじ2、白ごま小さじ2を入れてよく混ぜ合わせる
  3. 【2】に豚肉の茹で汁を加えて伸ばす
  4. 千切りにしたキャベツ、きゅうり、薄切りにした玉ねぎをボウルに入れて塩を振り揉み込み、しんなりしたら水気を絞る。レモン汁で和えて、白ごまを加える
  5. 皿に豚肉を盛り付け、【2】のサムジャンを回しかける。【4】のサラダも添えて完成
 

ごま油で作る、豚しゃぶ新たまねぎ和え

ごま油で作る、豚しゃぶ新たまねぎ和え

ごま油で作る、豚しゃぶ新たまねぎ和え(出典:豚しゃぶ新たまねぎ和え 花椒ごま油風味

炒めた花椒の実と熱々に熱したごま油をさっとかけていただく、香ばしい豚しゃぶ&新玉ねぎ和え。新玉ねぎのシャキシャキした食感と香り豊かなごま油がクセになる味わいです。ごま油にクミンシードを加えて、エスニック風にアレンジするのもおすすめです。ご飯のお供やおつまみにもぴったり。

【作り方】2~3人分
  1. 鍋に水と塩を入れ、沸騰したら豚肉200gを加えて茹でる。茹で上がったらザルにあげて水気を切る
  2. 新玉ねぎ1/2個をスライサーで薄くスライスしておく
  3. フライパンにごま油大さじ2と花椒の実15粒程度を入れ、火にかける
  4. 皿に、豚肉、その上に新玉ねぎを盛り付け、【3】を上からジューッとかける
  5. その上から醤油をかけ、軽く和えたら完成
​​​​​​​
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。