「なんとなくダルい……」時の対処法

呼吸エクササイズでスッキリ!
「なんとなくダルい……」そんな症状にお悩みの方も多いのではないでしょうか?
 
気候の変化が激しかったり、仕事が立て込んだりしていると、自律神経のバランスが乱れがちになり、なんとなくダルくて鬱々とした感覚に襲われることがあります。そんな時は、誰でも簡単にできる呼吸エクササイズがおすすめです!

呼吸エクササイズで自律神経のバランスを整えることによって、環境の変化に左右されない強いカラダをつくることができます。ぜひ実践してみましょう!
 

呼吸が浅い人の特徴とエクササイズで得られる効果

呼吸エクササイズに入る前に、呼吸が浅い人の特徴とエクササイズで得られる効果からみていきましょう。以下に2つ以上該当する方は、今すぐ呼吸エクササイズを行ってみましょう!
 
◆呼吸が浅い人の特徴◆
・首や肩がよく凝る
・腰の筋肉が硬い
・猫背である
・手が冷える(しびれる)
・何となくそわそわする
 
次に呼吸エクササイズを行うことで得られる効果をみていきましょう!
 
◆呼吸エクササイズから得られる効果◆
・首や肩の凝りが楽になる
・カラダの緊張がとれる
・手先がポカポカしてくる
・ゆったりと落ち着いた気分になれる
 

【即実践】どこでも簡単呼吸エクササイズ!

■呼吸エクササイズ(うつ伏せ編)
1. 両手を前に伸ばし伏せます(ヨガのチャイルドポーズ)
1. 両手を前に伸ばし伏せます(ヨガのチャイルドポーズ)

お尻と踵がついていると、なおGOOD! お尻と踵がつかなくても、腰が丸くなっていればOKです

2. 鼻から5秒かけて息を吸う→口から5秒かけて「はぁ~」と息を吐く→5秒間息をとめる

このサイクルを3~5セット繰り返します。
 
(呼吸エクササイズのポイント)
  • 息を吸う時にお腹や腰、背中まで空気が入っていくことを確認する
  • 息を吐いた時にお腹に力が入ることを確認する
 

エクササイズは「寝る前」がおすすめ

寝る前に呼吸エクササイズを行うと、副交感神経が優位になって眠りが深くなりやすいのでおすすめです。

また、自律神経のバランスも整いやすくなるため、朝もスッキリ目覚めることができるでしょう。とても簡単なので、ぜひお試しください!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。