腹筋&体幹トレーニングを味方にして、太りにくい体に

くびれとぺたんこ下腹を作る最強腹筋ダイエットを紹介します

毎日のたった5分で "太らない体質" になれる!

今日は、年末年始の休み明けに、「太った?」と言われないための腹筋ケアをお伝えさせてくださいね。首が痛くならない腹筋&体幹トレーニングなので、運動が苦手な方でも毎日できるんです!

この腹筋は、腹直筋、腹斜筋、腹横筋の3つの筋肉をしっかり使うので、体を外から引き締め、中からは温めてくれます。1日5分ほどでお腹周りがしっかり引き締まります。
 

強度高めの“最強腹筋”で、くびれとぺたんこ下腹を作る

頭を持ち上げる腹筋が苦手な人は多いと思いますが、安心してください。今日の腹筋は、背中を後方へ倒す方法で行うため無理なく行っていただけます。 それでは、3つの腹筋を使った“最強の腹筋”にチャレンジです!
01

STEP1:足裏はしっかり床につける

1)足は腰幅に開き、両手を頭上で軽く合わせ、背筋を伸ばして息を吸う
 
01

STEP2:腕は上に伸ばしたまま

2)息を吐きながら、お腹をへこまし、背中を丸めた状態で上体を後方へ倒す

3)息を吸いながら手順1の姿勢へ戻る

4)手順1~3の動きをゆっくり10回、お休みを入れて3セット繰り返す

【ポイント】
  • 時間帯:夜や休日のリラックスタイムがおすすめ。慣れてきたら朝も行い、効果を高めます
  • 回数:10回3セットが目標ですが、最初は1セットからでもOK!
  • 注意:フローリングの上で行うと臀部や尾骨が痛い場合があります。柔らかいマットやラグの上で行いましょう

腹筋が苦手な方は多いと思いますが、この腹筋ならチャレンジしやすく効果はバツグンですよ! 食べ過ぎたり、最近お腹が気になる方は、腹直筋、腹斜筋、腹横筋の3つの筋肉を使ったボディケア、ぜひ続けてみてくださいね!

撮影スタジオ協力:アライントモコピラティス代々木公園

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。