毎朝3分のエクササイズで「皮下脂肪」対策! 効果的な方法とは?

1-2

朝のエクササイズで、分厚い脂肪も体幹を鍛えれば落とせる!


脂肪には ”内臓脂肪” と ”皮下脂肪” があるのですが、「詳しい違いはわからないけれど、名前くらいは聞いたことがある!」という方、多いですよね。

食事を減らしたり、カロリー調整をしても、お腹周りがなかなか減らないという人は、内臓脂肪と皮下脂肪の両方が測れる体脂肪計を利用してみてください。 もしかしたら、あなたのお腹周りの脂肪は ”皮下脂肪” が多めなのかもしれません。

皮下脂肪は、その名の通り「皮下」に蓄えられるため、内臓の周りにつく脂肪と違い、食べ過ぎなどすぐにつきやすい脂肪とは異なり、代謝の低下とともに徐々につきはじめ、運動を伴わないとなかなか減りません。

そこで今日は、毎朝3分の習慣でじわじわと分厚い皮下脂肪を落とす体幹エクササイズを指南します! 毎朝2週間を目標に早速はじめていきましょう!
 

朝の腹筋エクササイズで分厚い脂肪を脱ぐ!

毎朝の習慣にするためベッドの中でもできる腹筋です。 重たい下半身を浮かせることで、ゴロゴロ寝たままなのに、見た目よりしっかり腹筋を使ってくれます。ムリのない回数からはじめてくださいね。

1-2

分厚い脂肪を脱ぐ!「腹筋」STEP1

2-2

分厚い脂肪を脱ぐ!「腹筋」STEP2


1) 仰向けになり、両脚をそろえて軽く持ち上げる

2) 次に、息を吐きながら、勢いをつけずに腰とお尻を持ち上げる

3) 1と2の動きを1セットとして、ゆっくり5~10セットおこなう

【ポイント】
・10回できない人は、回数を減らして5回からはじめます
・脚を持ち上げると腰が痛い時は、お休みします
・息を吐くときはお腹をできるだけへこませて(ドローイン)します
 

朝の体幹バランスエクササイズで分厚い脂肪を脱ぐ!

立ったままでできるので、朝の支度が忙しくて家でできなかったときは、オフィスや家事の合間に実践して続けていきましょう! 脂肪を落とすには、腹筋を意識してお腹を凹ましておこなうのが効果アップの秘訣です。

1-2

分厚い脂肪を脱ぐ!「体験バランス」STEP1

2-1

分厚い脂肪を脱ぐ!「体験バランス」STEP2


1) 肩幅でタオルを持ち両腕を持ち上げ、両脚をそろえて背筋を伸ばす。息を吸って準備

2) 息を吐きながら、かかとを上げてつま先立ちをし、背筋を高く持ちあげる

3) 1と2を1セットとして、グラグラしないようバランスをとりながら5~10セットおこなう

【ポイント】
・10回できない人は、回数を減らして5回からはじめます
・膝や背中が曲がらないよう、背筋を伸ばしておこないます
・おしりをキュッと締めるとより効果的です


脂肪を脱ぐための体幹エクササイズ、いかがでしたか? 夏までにくびれをつくりたいなら、まずはたるんだボディを引き締めていきましょうね!

皮下脂肪はジワジワと落ちていきます。焦らず継続することが大切です。 毎朝できない日があっても、少しづつこまめに続けていきましょう!

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。