寸胴を改善したい!まずは生活習慣を見直そう

image

加齢や冷えにまけず、キレイなボディーをキープ!

腹筋や運動をやっていても、なかなか改善できないことが多いウエストの『くびれ』。胴まわりがズドーンと長方形になってしまっている人は、エクササイズをしていただくことはもちろんですが、日常生活をちょっと意識することで、胴回りが改善できることがあるんですよ。

また、長時間のデスクワークは、腹筋をあまり使わなくてすむため、姿勢が悪くなったり、お腹周りがたるんでボテッとしてしまいます。

女性らしいキレイな”くびれ”を手に入れるために、『寸胴』になってしまっている原因を確認して、毎日の生活からちょっとずつ改善していきましょう。そして後半ではくびれをつくるエクササイズも指南します!

あなたに 『くびれがない』 3つの理由!

t

毎日の習慣からボディラインはつくられる!

  1. 腰が反っていたり、前かがみ姿勢になっている
    一見、寸胴とは直接関係なさそうに見える姿勢や腰のクセ。PCを見るデスクワークによる前かがみの姿勢や、ハイヒールなどで腰が反りやすい体型の人は、重心がかかとなどの後ろ側にある状態です。
    その結果、ぽっこりと下腹が突き出てくびれラインが消えていきます。 まずは、毎日の座る姿勢や歩く姿勢を見直すことがマストです!
     
  2. 体側、わき腹がこって硬くなっている
    『ストレッチなんて滅多にしない!』というあなたは、わき腹の筋肉がどんどん縮こまり、胸郭と骨盤のあいだの隙間が潰れて狭くなっています。 最近ストレッチしてないと心当たりがある人は、硬直してしまったわき腹がほぐれるよう、トイレに行った時やデスクに座っている時などに、背伸びや体側ストレッチを心がけましょう。
     
  3. 筋肉が少なく、お腹が冷えている
    手でお腹を触った時に冷たい時はありませんか?筋肉量が少なくむくみやすい体質の人は、実はお腹が冷えていることが多々あります。 一般的に、男性より女性のほうが寒がりだと思いますが、この理由は男女の筋肉量の違いからきていますよね。 お腹を触って冷たいなと思った人は、筋肉を動かし、水分や血流の循環を改善することで、お腹周りに脂肪がたまらないよう心がけてください。

ここからは、姿勢や毎日の習慣を改善してくれる、くびれをつくるエクササイズにチャレンジしていきましょう!


デスクワークの合間にできる!『寸胴ケア』ストレッチ

マットを用意しなくても椅子に座ったままでできるので、デスクワークや家事の合間にいつでもできるストレッチです。
1-1

「寸胴ケア」ストレッチ STEP1

1-2

「寸胴ケア」ストレッチ STEP2

1-3

「寸胴ケア」ストレッチ STEP3


1) イスに腰かけ、右脚を左脚にクロスし、右手で軽くイスをつかむ。お腹をへこまし腹筋を使って背筋を伸ばし、息を吸って準備

2) 息を吐きながら、上体を右へねじる。この姿勢のままゆっくり3回深呼吸

3) 左右の手足を入れ替え、反対側も同様に行います

4) 1から3の動きを1セットとし、1日に数回行います

【ポイント】
・背中が丸くならないようにねじります
・時間を見つけて1日に3から5セット行いましょう
・腰が痛い時はお休みします

===================

デスクワークの合間にできる『寸胴ケア』ストレッチはいかがでしたか? くびれをつくるために重要な役割を果たす腹斜筋にフォーカスした動きで、キレイなくびれをつくってくれますよ。

お腹が冷えている人の体は、子宮や内臓を守ろうとして、脂肪がつきやすくなります。そして、ついてしまった脂肪はなかなか落ちません! いつでも簡単にできるストレッチで、こまめにくびれケアしてみてくださいね。


≪こちらもあわせて行うとさらに効果的です≫
・冷えとりダイエット:くびれ・下腹・ウエスト
・【動画】猫背を矯正!肩甲骨ストレッチで美印象に





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。