30秒冷えとりダイエットでウエスト徹底引き締め!

冷え症を改善する ”30秒冷えとりダイエット!” の基本エクササイズと組み合わせて、お腹周りを徹底的に引き締める方法をご紹介します!

お腹はお肉がつきやすい部位ですが、内臓を守る為、そもそもお腹周りには脂肪がつきやすい特徴があります。 この取れにくいウエスト脂肪を落とすには、正しくインナーマッスルを使う必要があります。

ウエストを引き締めてくれる腹斜筋や腹横筋にしっかり効く腹筋運動を行えばいいのですが、『腹筋運動!』というと、辛くて苦しいエクササイズをイメージしてしまい、それだけであきらめモード……。

でも、これから紹介するウエストダイエットは、“30秒冷えとりダイエット!” と併せてもたった1分と簡単! 誰でもムリなくできる効果的なエクササイズなので、安心してはじめてみましょう!


太ってないのに下腹がポッコリするのはなぜ?

『30秒冷えとりダイエット!ウエスト引き締め編』をご紹介する前に、お腹がたるむ原因をまず理解しておきましょう。

前述したように、内臓を守るためウエスト周りには脂肪がつきやすいのですが、やはり、食べ過ぎや冷えによる代謝低下、むくみ、便秘が主な原因です。そして、それらの状態を改善するためには、食事の管理や睡眠と同様に適度な腹筋運動が効果的です。

また、太っていないのに下腹がポッコリしている人は、「骨盤底筋群」の筋力低下が考えられます。

お腹周りには臓器が集合していますが、内臓が下垂してくるとお腹がポッコリと出てきてしまいます。 そして、その内臓を支えている筋肉の一つに「骨盤底筋群」の働きがあります。

骨盤底筋はその名の通り、“骨盤を底から支えている筋肉群” で、骨盤底筋群の筋力低下は、以下のようなことを引き起こすことがあります。
  • 骨盤のゆがみ
  • 姿勢の悪化
  • 尿失禁
  • 生理不順
  • 内臓の下垂
このような状態に心当たりがあれば、腹筋運動と一緒に骨盤底筋群のケアを心がけましょう。それでは早速、ウエスト周りと骨盤底筋群を使うエクササイズをご紹介します!


30秒冷えとりダイエット:お腹引き締め編!

『30秒冷えとりダイエット:お腹引き締め編』 を行う時は、以下に注意して行いましょう。 腹斜筋・腹横筋、大腰筋、骨盤底筋といったインナーマッスルを整えるためには、息をとめずにゆっくり行うことがポイント。勢いを使ったり、力まないことで、筋肉の緊張状態が持続され高い効果が期待できます。
  • 呼吸を自然に続ける、呼吸を止めて力まない
  • おへそと背骨がくっつくようお腹をへこます
  • お腹をへこましたまま、胸をふくらまして呼吸する
  • 肩が上がらないよう首回りをリラックス
  • 腰を反りすぎないようにする、腰が痛い時は休む
  • ちょっとした合間に毎日2~3セット行う

※以下のエクササイズは、『30秒冷えとりダイエット!基本編』の後に、続けて行います。

■スッキリ下腹30秒

04

 

1. 両手の平を上に向け両手をマットに置き、両足首を軽くクロスし、写真の様に天井へ足を持ち上げる。
息を吸って準備。

※フローリングの上で行ってはいけません。ヨガマットやバスタオルを敷き、腰を保護しましょう。

 
05

 

2. 息を吐きながら、骨盤が上に持ち上がるよう、腹筋を使ってゆっくり腰を床から持ち上げる。

 
04

 

3. 息を吐きながら腰をマットへ降ろす。


4. 一連の動きをゆっくり3セット行います。

 
■下腹&くびれスッキリ30秒
03

 

1. 写真の様に、両手を前に伸ばし、体育座りをします。息を吸って準備。

 
01

 

2. 息を吐きながら、背中を丸くキープしながら、体を左へねじり、左ヒジを後方に引く。呼吸を続けながらこの姿勢で5秒間キープ。

 
03

 

3. 息を吸いながら、上体を元の位置へ戻す。


4. 反対の右ねじりも同様に行う。


5. 左右交互に3セット行う。

 
■くびれ&骨盤底筋引き締め 30秒
7

 

1. 両手を左右に広げ、膝を少し曲げて写真の様に姿勢よく長座する。膝は軽く曲げ、中心で両脚をそろえる! 息を吸って準備。

 
6

 

2. 息を吐きながら、下半身が動かないよう、上体を右へねじる。呼吸を続けながらこの姿勢で5秒間キープ。

 
7

 

3. 息を吸いながら、上体を元の位置へ戻す。
息を吸って準備。

 
8

 

4. 息を吐きながら、下半身が動かないよう、上体を左へねじる。呼吸を続けながらこの姿勢で5秒間キープ。


5. 左右交互に3セット行う。

 
毎日少しずつ続けることであなたのカラダは変化します。その変化を期待し、楽しみながら自分のペースで続けてみてください。カラダはきっと変わります!! ウエストだけでなく、 “ヒップや下半身” が気になる方はヒップ&下半身編もチェック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。