今回はこんな質問が届きました
「涙袋がないのでメイクで描いていますが、夜にはクマのようになっています。自然に涙袋を作れないでしょうか?」

 

Q芸能人には涙袋がある人が多いような気がします。私はまったくないのでメイクで描くのですが、夜にはクマのようになってしまいます。メイクで自然に涙袋は作れないのでしょうか? また、涙袋は生まれつきなのでしょうか? (20代・会社員)  



 
イエローカラーなら大人でも自然な涙袋メイクをできます

イエローカラーなら大人でも自然な涙袋メイクをできます

A. 涙袋があるないは生まれつき

涙袋に憧れる女性は多いですよね。目の下にできたふくらみ。これがあるとなんだか目がうるっと大きく見え、色っぽくて優しげに見えるみたい。そんな涙袋美人の代表といえば石原さとみさん、有村架純さん、女子アナウンサーの加藤綾子さんなど。

ただ、残念ながら涙袋って生まれつきのもの。あのふくらみは、顔トレなどでつくることはできません。プチ整形でつくるっていう方もいらっしゃるみたいですが、私はそこまでしなくてもと思いますよ。年齢と共に目の下の皮ふの状態も変わってくるので早まらずに~って(笑)。
 

涙袋があると柔らかく、ないとキリッとした印象に

涙袋があるとなぜいいかって言うと、目元全体が大きく見えることもそうですが、ふっくらとした丸みで“柔らかい”印象になるんです。だから逆に、北川景子さん、沢尻エリカさんなど。キリっとした美人さんには涙袋がなかったり目立たなかったりします。

要は涙袋と美人の因果関係はないと思われます。ただ、ないとほしくなっちゃうのが女心ってもの。となるとメイクで作りましょう! 
 

涙袋メイクがクマに……。そんなときは綿棒でお直しして

メイクで涙袋をつくるとアイラインやアイカラーなどがご自分の皮脂と混じり、時間と共に落ちてクマみたいになっちゃうことも多い。そこはいつも言っていますがメイクは崩れるもの! なので、化粧直しは必須です。アイメイクの化粧直しは夕方くらいに綿棒にちょっとだけクリームやオイルをつけてぐいっ~と拭き取ってあげましょう。もう一度、アイカラーを追加しましょう。
 

この春人気のイエロー涙袋メイクをして優しい愛される目元に!

そんな中、今回私がおすすめするのは、この春注目のイエローのアイカラーでつくる涙袋。この春はイエロー系、くすみのない黄色が注目カラー。黄色以外でも黄緑、オレンジなどが人気で、メイクだけでなく洋服もイエロートーンがたくさん出ていますよね。そのイエローカラーを使って涙袋を作っちゃいましょう。

ちなみに普段、みなさんが涙袋をメイクで描くときって、たぶん白っぽいキラキラパール系のアイカラーを使うことが多いですよね? 今回はイエロー。それも少し鮮やかめのキレイな黄色。「そんな黄色のアイカラーなんかつけたら悪目立ちしない?」と不安になったあなた。大丈夫です。実はイエローって肌が黄色の私達には浮かないし実はとってもなじむ色なんです。さらに少しラメ感があるものならグッドです。
 

涙袋はチップで水平に入れて、ブラウンマスカラをオン

入れ方はチップに取ったアイカラーをやや太めに目尻から入れ目頭へ、そのまま何もつけずにもう一度目頭から目尻へなぞります。目尻から描いていき、何も付け足さずに往復させます。ポイントは目の下に水平に入れること。目尻から目頭に往復させるように入れると、丸い目に対していい感じに水平になり目元をすっきり見せつつ、色がなじむのです。

最後に、下まぶたにアイカラーを入れたときはマスカラをつけたほうがだんぜん自然! 色はブラウン。何もつけないより肌にメイクが溶け込み、可愛さが倍増するのでつけてくださいね。

ちなみに私は今上まぶたに赤味のアイカラーを入れるのがお気に入りです。赤といってもオレンジっぽい赤。上まぶたを赤で下まぶたにイエローを入れると、なじみもよくオシャレっぽくなるんです。みなさんはお好みで。もちろん、普段通りでもOK。

そして仕上げに目頭と鼻筋の中間あたりに白パールをチョンとぼかせば、顔の中心に光が集まり、肌の透明感がUPし、よりおしゃれに仕上がりますと。このイエローカラーで作る涙袋で、ふっくら優しい目元と今年っぽいニュアンスが出させます。春はメイクが楽しいですね!
 

山本浩未さんおすすめアイテム

 
ヴォランタリーアイズ 29/セルヴォーク

ヴォランタリーアイズ 29/セルヴォーク

発色が今年っぽくまぶたに自然になじむお気に色のイエローカラー
ベーシックで上品だけどパっと目を引く魅惑的な目元を叶える色揃えのセルヴォーグ。こちらのくちなしは発売と同時に在庫切れ続出の人気カラー。ヴォランタリーアイズ 29/2000円(税抜)/セルヴォーク
     
バナー 
?

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。