マスク生活のベースメイクに最適なファンデーションは?

h

手軽にツヤ美肌!マスク生活のマストファンデといえばこれ


マスクで隠れていても、やはり気になる「肌」。見える部分が少ない分、ツヤがあって整っている感が大切です。でも……半分ぐらい隠してしまうのに、時間をかけてしっかり作るなんてできない!そう思ってしまいますよね。

そんな時は簡単にツヤのある美肌が作れる「クッションファンデ」がおすすめ!

個人的にもファンデーションの中でクッションファンデ がダントツに好きなので、いろいろ試した結果、マスク生活におすすめの厳選した5品をご紹介します。

 

ベスコスを総なめした実力派!美肌が長時間続くのも嬉しいポイント 

j

ベスコスを総なめした実力派 NARSクッションファンデ 


NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション
SPF50・PA+++(セット価格 税抜6300円)

昨年のベストコスメを総なめした大人気商品。滑らかなつけ心地と軽さ、ほどよいツヤがあるので、大切な予定がある時は必ずこちらを使用しています。気になる部分はナチュラルにカバーして、もともと肌が綺麗な人になれるなんて嬉しすぎる……!

空気中のちり、ほこりなどの微粒子や紫外線によるダメージ、乾燥などによる環境ストレスから肌を守るサポート。メイク仕立ての肌が長時間続くのも嬉しいポイントです。

 

カバー力はダントツ! クッションファンデに物足りなさを感じていた人に

 
b

カバー力抜群!M・A・Cのクッションファンデ 


M・A・C スタジオ フィックス コンプリート カバレッジ クッション コンパクト SPF 50
SPF50・PA++++(セット価格 税抜5600円)
 
MACのスタジオシリーズならではの、マットな質感がとにかく良い! カバー力も抜群なので、クッションファンデはカバー力が物足りないと思っている人にこそ使って欲しいアイテムです。

仕上がりはマットですが程よいツヤもあるので、しっかりメイクの時はもちろん、軽めのメイクで過ごしたい時でもOK。肌にぴたっと密着し化粧くずれしにくく、UV効果も高いなどいいことづくしです。

 

欠点は塗り重ねず光で飛ばす新感覚のクッションファンデ 

v

光で飛ばす新発想のジルスチュアートのクッションファンデ


 ジルスチュアート ピュアエッセンス フォーエバー クッションコンパクト
SPF50+/PA++++(セット価格税抜4000円)

新たにリフレクティンググロウオイル配合することで、透明感もカバー力も両方叶える新発想のクッションファンデ。

何より嬉しいのは、気になる部分を塗り重ねて隠すのではなく、光で飛ばすようにカモフラージュしてくれる点。これなら厚塗りする必要なし、まるでスキンケアをしっかりしているかのような透明感のあるツヤ肌に仕上げてくれます。

化粧持ちも格段にアップして、メイク直しを忘れてしまうほど!

 

 この価格でこの仕上がりが嬉しすぎ! ツヤとマットのバランスも絶妙 

h

ツヤとマットいいどこ取り! レブロンクッションファンデ 


レブロン カラーステイ クッション ロングウェア ファンデーション
SPF50・PA+++(税抜2300円)
 
カバー力があるのに肌が本来持っているツヤを自然に引き出す、ツヤとマットのイイとこ取りのクッションファンデです。ピタッと密着する極薄フィルム膜内の皮脂コントロールパウダーが過剰な皮脂をしっかり吸収し、水分&油分のバランスを整えくずれにくい肌に。

ツヤの感じが絶妙で、このファンデでメイクすると、何度も鏡を見てニヤけています。テクいらずで自然な仕上がり&お財布にやさしい価格も魅力です。 

 

カバーもツヤも潤いも全部欲しい!ワガママ女子も納得の仕上がり 

j

カバーとツヤのデュアル構造 フジコのクッションファンデ 


Fujiko(フジコ) デュアルクッション
SPF50+・PA++++(税抜2000円)
 
カバーも、ツヤも、潤いも、素肌感もほしいというわがままな女性の願いをすべて叶える"カバーベース"と"ツヤベース"のデュアル構造のクッションファンデーションです。ツヤベースを全体になじませたら、気になる部分にカバーベースを重ね付け。基本のベースが一緒のため、重ねても厚塗りした感じはありません。これならコンシーラーも必要なし! テクいらずなので、クッションファンデ初心者にもおすすめ。
 
パフでトントンするだけで、ツヤも整った肌も手に入るクッションファンデ。一度使ったらハマること間違いなしです。整った肌なら、安心して人前でマスクを外すことも問題なし。

持ちも良いものばかりですが、ファンデーションのマスクうつりが気になる人は、仕上げにパウダーをつけるか、ティッシュオフすると崩れにくくなるので試してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。